k茂別岳Ride…前編@2018.04.07

a0242984_00521400.jpg


この時期何処で乗ろうか考えた時
低い山は雪が柔らかくてザクザクっぽいし、
かといって高い山に簡単にアプローチ出来る場所も限られる。
前回行ったS幌岳は峠の上の長尾根なので雪が固くて良かった。
ならば同じく峠からアプローチする山で手軽で思い付いたのは
中山峠から行くK茂別岳でした。
前日に予想外の降雪があったものの数センチ程度。
既に車は夏タイヤに交換した後でしたが、
道路のライブカメラを見た限りでは路上に雪が無いので行けると判断。

当日はのんびり自宅を出て11時に現地着。
a0242984_22550796.jpg
開発局の公衆トイレ側の駐車場に車を停めてスタート。
ここからはNTTのアンテナまで保守用の作業道があるので電線伝いに行きます。
a0242984_22572859.jpg
何名かの先人の足跡が新雪にありました。
降ったばかりとするとこの跡は本日の先行者の様でした。
新雪2~3cmの下は固いので全然乗れました。
でも、部分的に柔らかい場所もあり押したり乗ったりしながら先に進む。
(途中で交差する送電線)
a0242984_23012727.jpg
そしてNTTのアンテナに到達。
a0242984_23022533.jpg
安易に考えており、
ここから先のルートがよく分かっていませんでした。

思ったよりもピンクテープ等のマーキングも少ないというか見かけないし、
だだっ広い平原の様なルートなので特徴に乏しく方角を見失い易いと感じました。
なので先行者の足跡があってとても助かりました。
a0242984_23071459.jpg
どこを走行しても埋まらないので目印の足跡から着かず離れずしながら先に進む。
a0242984_23074396.jpg
そのうち向こうから降りて来た人達と出会う。
4人組のパーティーでした。
この人達のお陰で今回は安心して遂行できたので感謝。
自転車を見て驚いて尋ねられるのは毎度の事。
a0242984_23094430.jpg
ここから山頂に向けて斜度が増してやっと帰路下りが楽しめそうな
斜面になります。
今までは緩くダラダラとした感じでした。
a0242984_23141294.jpg
すると無意根山方面から雪雲が流れてきて視界が悪くなってきました。
a0242984_23155940.jpg
雪が積もって足跡が消えるのが心配でしたが
それほどの降雪でもないので大丈夫と判断。
登り続けました。
山頂到着は13:20でした。
(途中撮影とかもしてましたので…)
a0242984_23172606.jpg
看板の上の雪だるまがチャーミングでしたね。

今まで暑いと思って薄着で行動してましたが、
山頂は流石に寒く手袋を着用しないで作業をしていると
かじかんで痛くなる程でしたので、
直ぐに防寒しました。

そして楽しみの下りです。
だだっ広いので何処を走行しても全然平気ながら、
方角だけは見失わない様に気をつけました。


a0242984_23220940.jpg
楽しい下り部分を終えるとまた寒くない平野部。
そこでスイーツタイム。
a0242984_23225459.jpg
帰路4人組パーティーと遭遇したのはNTTのアンテナを過ぎて
作業道の途中で追いつきました。
『流石に早いね~』と感心される。

一行を抜いて先へ。
駐車場に到着したのは14:40でした。

これから定山渓温泉で湯浴みです。
まずは最近通っているアップルパイのお店へ。
アップルパイもいいですがそれよりもホットスムージーがお気に入りです。
ホットスムージが目的と言っても過言ではなく。
a0242984_23303558.jpg
そして今回期間限定の新製品がありました。
a0242984_23311543.jpg
a0242984_23312825.jpg
あぁ、おひとり様1個限定…(´Д`)
酸味好きにはたまらない。
通常のアップルパイも購入して足湯へGO!
a0242984_23333313.jpg
うーん。
幸せなひと時…♡

To Be Continued …



















[PR]
by CLUBJAZZY | 2018-04-13 00:47 | トレイルライド

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY