ゴンドラ利用のリトライ活動記録@2018.03.22

a0242984_00010012.jpg




先日やったS幌岳への尾根ルートライドでしたが、
出発が遅く行程半ばにして断念せざるをえなかったので今回もリトライへ。
でもただリトライするよりも何か更に出来ないか考えて思い付いて電話したのが
『サホロリゾートスキー場』でした。

『S幌岳に登山に行きたのですがゴンドラの乗車は可能でしょうか?
そしてゲレンデ内での使用はしないとしてFAT BIKEという自転車も載せたいのですが…?』と。

そしたら、結構あっさり目に『出来ますとの返答』
ちょっと面喰らう感じでしたので、
『まさか当日赴いてやっぱり駄目ですという事は無いでしょうね?』
と尋ねてもダイジョブとの事。
いざ現地に赴いて誰が言った言わないというのを避ける為に、
一応現在対応して貰っている電話の人の名前を聞いて後に備えました。

そんでもってその翌日朝出発。(7:20)
通勤時間帯まるかぶり的な時間だけど夕張までは田舎道の一般道を軽快に走り、
夕張ICから占冠ICまで高速道路を利用。
(今時期は渡り鳥が北に向けての大移動をしているんですね~。)
a0242984_22290553.jpg
前回はその次のトマムまで利用したんだけど、
2100円でしたが、占冠までだと1260円です。
交通量が殆どないスムーズな道ですので節約の意味で占冠ICで下りました。(8:40)
途中で良さげなポイントが目にとまりチャリを車から降ろしてちょっぴり遊ぶ。
トレイルライドの様な決まったコースはないけど、
ツリーランは樹をかわし、凹凸を乗り越え、実に楽しめる。

前回の帰発着ポイントである狩勝峠を通り過ぎてサホロリゾートへ。(到着10:00)
準備を整えインフォメーションカウンターへ。
そこで登山届を記入。
そして片道ゴンドラチケットを購入しに売り場窓口へ移動。
そうすると『ちょっとお待ちください』と言われ何やら奥の方で談義している。
5分程度待たされ別の人が窓口に現れた。
どうやら前回の電話の人らしい。
『あの時担当者が不在でその担当者が問い合わせをしていますので…』との事でした。
出た!この展開。心配した通り遥々来た先での土壇場NGかも…。
担当者が電話を終えて言ったのは、
『雪山登山に自転車を持って行って遭難等何かあっても責任が取れない』という趣旨。
そこは『当然ながら自己責任ですから』と言うと了承して貰えました。
ゴンドラにFATを載せるのは何ら問題が無いそうです。
そして無事チケット購入。
a0242984_22465889.jpg
こちらのスキー場も電子カードですが、
『返却保証金は…?』と尋ねると今年から取らないそうです。
このカードを次回持って行くと割引が適用になるとか。
これでサホロゴンドラ運用の実績が出来ました。
4名乗車用のゴンドラのなので以前のルスツ同様にフロントホイールを外して載せました。
a0242984_22512449.jpg
山頂に到着。(10:35)
a0242984_22530601.jpg
準備している間、撮影している間もスキー場の山頂にチャリが居るという
モノ珍しい光景にスキーヤーから次々と矢継ぎ早の質問責め。
それらに一通り答えて山頂に向けて登り始めました。
a0242984_22561120.jpg
雪質はシャーベット化した雪が冷えて固まったアイスバーン。
なので登るのに軽アイゼンを装着。
その方が断然楽。
しかも装着したままライディング出来ます。 (ペダルに傷は付きますが…)

(風紋が綺麗でした)
a0242984_23002274.jpg
a0242984_23011678.jpg
そして山頂到着。(10:50)
a0242984_23020708.jpg
a0242984_23022934.jpg
スタートして間もないので余韻も何もないので
撮るもの取ったらさっさと移動開始。
地面は固く締まり走行しやすい。
すると眼前にスコップが。
他にも煙突?屋根?
あっ、避難小屋だ!
埋まってる…。
a0242984_23042329.jpg
a0242984_23063552.jpg
掘り起こした入り口から中を覗いてみたけど、
入ると出るの面倒そうなので入るの止めました。
行程を先に進めます。

ここから下りに入りますが、
急な為斜面状況が見えない斜度ではタイヤが機能しないだろうと緩斜面を探して横移動。
そろりそろり下る最中に前輪埋没しての前転コケ。
ハイマツ帯の為中の空洞がトラップとなる。
踏み抜き地雷原…。
パウダーライドの様に後傾姿勢にして前輪の荷重を抜いて備える。
そのお陰で何とか踏み抜きコケはその1回で済みました。

あとは雪庇の尾根をライド&押し登りを繰り返す。
このルートの最高到達ポイントからのスタートなので全然楽です。
ライディング中にふと気付いたのですが、
雪面に亀裂がある事に。
a0242984_23183788.jpg
気が付いたら大きいのやら小さいのやら無数にある事が判明。
a0242984_23184809.jpg
雪庇が割れて来ている様でした。
前回通ったルート上にもあったのに気付か無かったので
中3日の数日のうちに出来たのでしょうかね。
a0242984_23281778.jpg
うしろを振り向くとS幌岳の山頂は雲の中。
a0242984_23223917.jpg
風の強さは前回並みだけど、
今日は曇りの天気。
風向きは前回と逆で崖の方から吹き上がる。
風が強く音が大きいけど崖で吹き上げられた風がガードしてくれる為か
体感はそんなに強く感じられなかった。
なので煽られたりというのはなし。
a0242984_23290429.jpg
前回の到達点(11:25)まで来たらその先は一度通っているので勝手知ってる何とやら、
前回よりも少し崖への警戒感を解いて大胆に下れます。
(前回もあった雪庇の崩落跡)
a0242984_23330869.jpg
(眼下には狩勝峠)
峠には雪崩地帯注意の標識があったな。
a0242984_23355741.jpg
峠に到達したら国道を下ってスキー場に戻ります。(12:05)
a0242984_23392974.jpg
久し振りに土の感触
a0242984_23424901.jpg
a0242984_23433527.jpg
雪上仕様の空気圧では全然転がらないので下りでも漕がにゃならん。
なので途中で空気充填しました。
でも路肩の雪の上も走行出来ないかチャレンジしたくなるんですよね。
そういう時に電動ポンプは便利ですわ。
のんびり下って分岐到着(12:35)
a0242984_23455795.jpg
からのぉ~スキー場到着(12:50)
a0242984_23464936.jpg
インフォメーションに下山報告して、
周辺に何もないのでここでランチにしました。
自分は活動最中はあまり飲み食いにまったり出来ない性分なので、
車ではガスとかカップ麺とか載せてるけど、
ライドのお荷物になると考えると持って行けないんです。
(スパカツにしました)
a0242984_23514120.jpg
赤味が入ると画像的に映えるでしょ?
実はカレー用の福神漬けw
そしてスイーツ物色からのベリーケーキ
a0242984_23544579.jpg
帰路も同じ分だけ高速利用で帰宅でしたが、
途中滝の上公園に寄り道しました。
a0242984_23555995.jpg
a0242984_23561652.jpg
チャリが違うのはスペアとしての2台体勢だからです。

今回でサホロゴンドラを運用できることが分かったので
もしかして夏季も運行していたら利用できるのか興味が沸くところです。









[PR]
by CLUBJAZZY | 2018-03-25 00:00 | トレイル調査 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY