T前山Snow hike@2018.03.14

a0242984_13560630.jpg


夏季登山シーズンではSNSの投稿で賑わうのに
冬季になるとピッタリ投稿が無くなる人気の山へ。
事前に調べたら行程時間行きだけで4時間とか…。
長い通行止め区間のワープをチャリで試みたが、
思いの外グズグズの雪質に手こずり早々にデポ。
あまり役に立たず。
そこからはひたすら歩行。
前日まで登山日和レベルAだったのが急遽C(不向き)に変わっていたが、
晴天だったし、思ったよりも風も強くなくて日和だった。
それにしても歩いたな…。足の裏痛いw
たぶん往復で15kmオーバーの行程。

10:50スタート~14:20山頂着~17:00麓到着

冬季通行止め道道141号線を遥々行くのが倦厭されて冬季訪れる人の少ない山。
なので踏み固められていればその部分をチャリでサクッと行けないかと。
(10:56スタート)
a0242984_12431673.jpg
スノーモービル跡を中心としたスキー、歩行跡を辿る
道路開通前には処理が必要な倒木も。
a0242984_12423693.jpg
先に進むにつれて気温が高い所為もあり
グズグズコンディション。
a0242984_12481136.jpg
乗って先に進むのは辛いのでデポする事にしました。
a0242984_12494284.jpg
a0242984_12495876.jpg
曇天が時間が経つにつれて晴れ間になり、
暑さに弱い艶ビは『暑い~』を連呼。
a0242984_12524856.jpg
a0242984_12530747.jpg
僅かな日陰を求めてそこで雪と戯れ冷却
ホントどこまで暑がりなんだか…
a0242984_12540923.jpg
そうこうしながら5合目のゲート到着(12:15)
a0242984_12522570.jpg
暑さに耐えながら7合目到着(13:20)
a0242984_12560263.jpg
ここからは夏季にお馴染みの残り3合の山容になります。

しかし雪に覆われ登山道は無くなります。
樹木も無くなるのでテープの印も無くなり、
夏道と違いここを通るというルートはありません。
a0242984_13041311.jpg
ですから吹き曝しで凍結した斜面を登って行く事になります。
さて、行きますか!(13:30)
a0242984_13011087.jpg
展望台着(13:35)
夏より速い気がする。
a0242984_13061432.jpg
樹木帯を抜けると風がひんやりしてきたけど、
登山指数レベルC(不向き)とはとても思えず。
天気も良くて見晴らしが良い。
さてここからは急な斜面を直登で登ります。
a0242984_13100985.jpg
スノーシューは不要。
ピッケルも不要でした。
でも、軽アイゼンはあって良かったです。
a0242984_13124149.jpg
逆光だからドラマチックな画になりますね。
斜度は本当に急です。
滑落には注意を払います。
a0242984_13134187.jpg
国際線の飛行機雲~
a0242984_13144033.jpg
やったぞ到着!(14:20)
a0242984_13152642.jpg
登り行程4時間との事前情報に11時から登り始めで
戻る時間を含めるともしかしたら途中でタイムUPかも?
と脳裏を過ったが大丈夫でした。
a0242984_13181512.jpg
風もそんなに強くないので居る分には辛くないのですが、
手袋脱いで何かやっていると凄く冷たくなる環境でした。
カップ麺を持って来る準備もしたんですが、
寒い(登山指数C)環境ではのんびりもしていられないだろうと
持って来なかったけど
行程のどこかでも出来そうでしたね。

持って来たお菓子は潰れまくりw
a0242984_13230880.jpg
今日も特茶あまり飲んでないし…(節約の意味もあったけど)
a0242984_13234975.jpg
a0242984_13282124.jpg
良い眺めですが帰路も長いので
陽が暮れるので戻りましょう。(14:40)
a0242984_13302410.jpg
a0242984_13330258.jpg
a0242984_13340180.jpg
a0242984_13342221.jpg
a0242984_13350473.jpg
急な斜面は無事下り終える
あとはダラダラと長くて緩い下り。
a0242984_13354245.jpg
デポしたチャリに到着(16:42)
a0242984_13371225.jpg
そこからグズグズ雪のルートをチャリに乗って戻りました。(17:00)
a0242984_13385021.jpg
往路の5合目で出会った公共交通機関で来ていたおじさんを
帰路見かけたのでこれから向かう温泉街まで乗せてあげて、
温泉街でスイーツタイムと思ったがどこももう閉店しており
あげいもしか買う事ならず。
あううう…。
a0242984_13423101.jpg
仕方ないので車を進める。
あげいもで満腹になってしまった容積の小さい胃を持つ艶ビは
アイス程度しか食べられないとの事で、
スイーツのレパートリーが多いBFPでパフェを頂きましての活動終了。
a0242984_13453236.jpg
フレンチトーストも…甘いっ
a0242984_13472151.jpg
梅ジャコピラフ美味し
a0242984_13475161.jpg




















[PR]
by CLUBJAZZY | 2018-03-15 13:55 | 自転車雑記 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY