S段山FAT BIKE BC活@2018.03.11

a0242984_12030742.jpg


今日は昨シーズンに山頂に到達出来なかった
十勝岳連峰三段山でのチャリ活リトライに行きました。
先日の爆弾低気圧の影響で雪面はガリガリの上に新雪が薄化粧。
前回山頂手前の急斜面を登れなかった反省を踏まえ今回は簡易アイゼン着用。
a0242984_11030976.jpg

そしてピークハントを達成!
山頂はほぼ無風の好コンディションながら雲が残念。
下りはアイゼン着用で登る急斜面を下るので命がけで挑みました。(コケたら流されるだけw)
そしたら斜面に対して垂直の状態を維持している限りはスピードコントロールが可能な程にグリップしましたが、
斜めの斜面や新雪部は横滑りが半端なくて歯が立ちませんでした。
まあ何とか無事に降りて来れました。



本日の天気は晴天ながら山頂付近は雲が掛かっている様です。
観光用の熱気球が上がってました。(9:50)
a0242984_11041003.jpg
吹上温泉白銀荘からスタート(10:45)
a0242984_11042448.jpg
先日降った雨の所為で固いバーンの上に薄っすらと新たに僅かな降雪。
a0242984_11043926.jpg
a0242984_11044217.jpg
スノーシュー無しでも埋まらないのでつぼ足で上がります。
スノーシューは持って行きましたが使用せず。
森林限界着(11:35)
a0242984_11101120.jpg
1段目テラスはハイマツが沢山出ていました。
雨の影響で雪融けが進んだのか雪が少ないのか…
a0242984_11111902.jpg
1段目テラス(12:00)
a0242984_11125128.jpg
締まった歩行跡を辿る
a0242984_11135076.jpg
でも時には押し上げがツライルートを通る事もある。
a0242984_11145690.jpg
当然ながら自分以外はスキー、スノボー、ハイカーしか居ない。
a0242984_11155638.jpg
皆一様に珍しがり時には会話をしつつ急登を登る。
今回はとてもリーズナブルな軽アイゼンがひじょうに役立ちました。
前回登れなかったところも軽々だし、
歩く際の足が後退しないのも体力の温存に繋がった。

尾根到達(13:05)
a0242984_11205825.jpg
安政火口からの富良野岳方面を望む
a0242984_11215405.jpg
そして山頂到着!(13:13)
3回目にしてチャリ活での山頂到達。
到着直後はまだ雲が無かったけど、
a0242984_11283745.jpg
流れてきた雲に徐々に覆われる…
a0242984_11231403.jpg
予報通りに風が穏やかで寒くないので過ごし易い。
あとは雲さえなければ…。
記念撮影しながら少しいたけど
雲が晴れる気配無いので下る準備に入る。

下りの様子は動画にて。
これが楽しみで押し上げるんです。
気分は高揚しているし楽しくない訳がありません。
でも、今回結構アイスバーン状態もあり転びやすく
転倒したら斜面を流され落ちると覚悟しましたが、
斜面に対して真っ直ぐフォールラインを向くとタイヤがしっかり効いて
速度コントロールが出来ました。
ただ、少しでも傾いたり横向くと途端に横滑りが半端ない。
行きたい方向と横滑りのコントロールのせめぎ合いが難しかった。
それはタイヤのパターンもあるのかな?
a0242984_11363851.jpg
横滑りには弱そうな配列だもんね。










[PR]
by CLUBJAZZY | 2018-03-15 12:02 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY