おめでとう!


昨日マウンテンバイク120分耐久レース
「真駒内セキスイハイムスタジアムカップ」が行われました。
当方は ”仕事の日” だったので行けませんでしたが、
山チャリ仲間のチエ (自称弟子) が急遽参加するという事態になっていたそうです。
a0242984_08143619.jpg
仲間の参加予定者が急遽参加出来なくなったので、
a0242984_13550316.jpg

勿体ないので代わりに走る事が出来るのか問い合わせたところ主催側から許可がおり
折角だから少し走ろうと思ったらしい。
走り出す前は3周程度まともに走ればあとはのんびりでいいかなぁ~
的なノリで居たそうですが、
いざスタートしたらスイッチが入ったのかな?
結果レディース・ソロの部で2位になったそうです。

コンディションは朝から生憎の雨模様。
その為路面コンディションは融けてグズグズ。
FAT BIKEでも手こずって押し歩きもあるサバイバルレースとなる。
そんな中でも日頃の山チャリ活動のお陰か良い結果が得られたそうです。
a0242984_08251433.jpg
実に楽しそうに乗ってる!
a0242984_08315841.jpg
場内はスケートリンク上にコースが造られているので
本来ならナロースパイクタイヤが有利だけど、
今回は暖気で融けてコンディションが悪くなった為、
ナロータイプスパイクタイヤのMTB、スパイクタイヤじゃないFAT BIKEよりは、
その両方を兼ね備えたスパイクタイヤ装着FAT BIKEが有利だったみたい。
a0242984_08324523.jpg
マシンはその条件も満たしている。
『こんな悪条件じゃなければ2位なんて取れなかった…』
と申している様です。
a0242984_14063944.jpg

そして男子ソロの部
元々参加の旦那さん一行も気を吐き
a0242984_14152479.jpg
ゼッケンNo.33のSLASA BLACKBOROWのN野君は
序盤先頭をキープし結果6位と健闘。
5インチタイヤの突破力が役立だったのでは?…と分析。

a0242984_14142602.jpg
(右の彼)


そしてボス(旦那さん)。
ボスはSALSA MUKLUKを駆り
安定の走りで3位入賞 !!
素晴らしい。
a0242984_14205460.jpg

優勝はBankeiのトレイル管理者で、
元ワールドカップライダーの金子さんでした。
a0242984_14265522.jpeg
という事で荒れたコンディションはFAT BIKE乗りに味方したようですね。
皆さんお疲れさまでした。



[PR]
by CLUBJAZZY | 2018-03-05 14:38 | 自転車雑記 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY