BCスクート活NISEKO@2018.02.26

本日の活動予定はチセヌプリBC活でした。
早朝出発しての10時行動開始。
チセヌプリ麓の旧スキー場跡地から徒歩のつもりが、
ツアー用のCAT走行しているので危険だし、
歩行用スペースは深雪で歩行困難との事で好意で乗せてもらう。
リフトの山頂駅到着後そこから歩き始めたが、
昨日が日曜にも係わらず踏み跡なし。
本日も行った人がいない状況。
未踏なうえに風雪で歩行跡がリセットされるし視界不良の悪コンディションなので安パイを取っての撤退。
その後、ポイントを変更して多数の人が分け入るニトヌプリへ。
つづら折れの急登。
重量物のスクートを背負っての急登は骨が折れまする。
874m台地に達したところでここを本日の到達点としてそこから滑降。
斜度があるのでヘッドオーバーでパウダーが舞うので視界を奪われツリーランなのに樹が見えん状態。
煙幕が収まる迄は落下運動で進む距離との感覚が頼り。
思いの外早く樹に達するので少し怖かったです。

下ったあとは雪秩父で濃厚硫黄泉を身にまとい、
帰路にニセコ山麓パーラーで遅めのランチで締め括り。

a0242984_21223945.jpg
活動前にニトヌプリ側の状況視察
賑わってる様だ
a0242984_21240126.jpg
旧チセヌプリスキー場に移動して活動開始
a0242984_21305442.png
a0242984_21244277.jpg
CAT(雪上車)が走行していて危険なのと
安全地帯が深雪で歩行困難なので好意で載せて貰えました。
a0242984_21260257.jpg
山頂駅からハイク開始
a0242984_21263186.jpg
a0242984_21265732.jpg
a0242984_21271964.jpg
a0242984_21283317.jpg
始めのうちは天候良さげにも見えたんですけど
進むにつれて風雪が強くなる
a0242984_21285375.jpg
周囲の状況がわかり辛くなり
自分たちのトレースも消えかけていたので危険と判断
撤退を決める
a0242984_21312371.png
ここで一発目のライディング
a0242984_21322772.jpg
その後
先程下見したニトヌプリ側にポイントを変更
a0242984_21330979.jpg
こちらは賑わい踏み跡くっきりみたいなので
クソ重たいスクートを背負ってのラッセルは回避出来そう
a0242984_21342578.jpg
積雪量凄いね!
a0242984_21500926.jpg
ストックアート
a0242984_21504478.jpg
まぶたの感じが上手い!!
良い表情w
a0242984_21515287.jpg
a0242984_22050032.jpg
急登を辛いと連呼しながら登る
a0242984_21524434.jpg
874m台地に達したところで
今回の到達点としましたので記念撮影の準備
a0242984_21534452.jpg
潰れた生スイーツとパンダのおやつをお供えして…
a0242984_21545745.jpg
あそこまで標高にして200m
踏み跡は不明瞭
a0242984_21553963.png
急斜面を登って来ただけあって
下りもなかなかな迫力
いまひとつスクートを操る腕前に自信が無いので不安一杯
a0242984_21570998.png
下り始めたら何とかなるもんだ…

a0242984_21582472.jpg
下ったあとは最寄りの雪秩父にて
濃厚硫黄泉を堪能
そして遅めのランチを食べにニセコ山麓パーラーへ
a0242984_21590602.jpg
店の脇にあった雪洞から出てきた住民
a0242984_22003991.jpg
テッテレー♪
a0242984_22011011.jpg
ニセコ山麓パーラー
a0242984_22014461.jpg
室内は暑いくらいに温かい
a0242984_22022119.jpg
BLT、ローストビーフ、クロックムッシュ、ポタージュ、ジンジャーエール













[PR]
by CLUBJAZZY | 2018-02-27 22:32 | 滑板系(スキー、スクート) | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY