N沼ライド@2017.09.11

白柵からの靜台コース無降車コンプリート♪
瀞台の登りもちゃんと行けました。
a0242984_22184449.jpg
鍵は自分が持てる限りの低速で登り呼吸を乱さないでした。
意識しないとついつい脚は早く回ってしまう。
それを意識的に低速に保ちトルクも均一にじわじわ回す。
フロントタイヤが浮き出したらサドル前方に座り、
腕を曲げて体勢を低くしてハンドルを押さえ込む。
でも、決してペダリングは早くしない。
呼吸は大きく深呼吸を繰り返す的な。
登れない原因は呼吸を含めた循環器が追い付かなくて苦しいせい。
だから呼吸が苦しくならなければ、
あと路面の凹凸のグリップを妨げる障害物を避けるラインを探るだけ。
速度が遅いからじっくり探せる。
低速でのバランス、スタンディング力を練習すれば、
今まで登れなかった坂が意外と登れる様になるかも。
これはあくまで急登の登り方です。
速さの追及ではなくて、
どれだ降車しないでトレイルを走ることが出来るかというものです。
あと、タヌキのトイレにマーキングしておきました。
a0242984_22252713.jpg
久しぶりに来たら意外と無かった。
以前はトイレだらけだったのに…
だからタイヤ汚さずに走れます。
土は簡単に落ちるけど糞は落ちないから車載の時大変なのよね。

[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-10-10 15:05 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY