道南遠征2017①@2017.09.07

急遽休みになったんで何処行こうか考えて
先日道東いったので今回は道南にしようと思いました。
道外脱出できる程の時間的余裕までは無く…。

前日が職場の歓送迎会だったので終わり次第出発の予定でしたが、
2次会も半ば強制だったので出発は朝に。
最初の目的地はKG岳。
a0242984_07565584.jpg
森林風な景色からのアプローチ情報を見てのトライでしたが、
台風被害の倒木で道は無残。
a0242984_07571924.jpg
とても通れる状況ではなくて諦めました。

そしてすぐ近くにゴンドラで上がってチャリで降りて来れるダウンヒルをやっている
という七飯スキー場へ。
a0242984_07591586.jpg
ニセコのDHコースの様な整備はされていない、
只の作業道だとは聞くがスピードが乗って面白いとか。
時間も時間だし1回券を購入。
もし楽しければもう1回購入しようと思います。

本日は平日で客の姿はあまりない。
ワイヤー上にゴンドラの姿は無く低速運転。
客が来ればそのゴンドラを射出して運搬時のみ平常速度での運転になりました。
a0242984_08035574.jpg
七飯のスキー場は初めてですがゴンドラの距離は長いです。
そこにたった一人を乗せたゴンドラが一基だけ稼働。
なんとも贅沢な時間。
a0242984_08064443.jpg
ゴンドラを降りるとコース的な案内は一切ありません。
MTBコース的なチケット販売はあるのですが、
完全放置状態…。
何処に向かえばいいのやら?

たぶんここだろうという方に向かって下ります。
ほぼ直滑降的な確かにスピードの乗る作業道です。
よくわからないうちに作業車が地面を掘り返している林道に出ました。
うーん、実に不親切というかあまりにも…。
その後林道をトラバースしてゲレンデ内に戻るも下草が茂り、
何が潜んでいるかもわからず気味悪いので慎重に下っているうちに終了。
2回目はありませんでした。

さて、早くも目的が挫折してちょっと途方に暮れる感じ。
取り敢えず前回楽しかったE山に向かって車を進めました。
E山では上の大きな駐車場手前の展望台の駐車場に車を停めて、
a0242984_08150037.jpg
そこから活動開始。
a0242984_08164558.jpg
E山本体は昨年行ったので今回はパス。
a0242984_08210975.jpg
その向かいの丘に向かう道を調査します。
a0242984_08214276.jpg
火山帯に来たと感じる砂礫。
a0242984_08222575.jpg
始めは作業道的なダブルトラック。
a0242984_08230180.jpg
どんどん岩混じりになりシングルトラックになる。
a0242984_08234603.jpg
a0242984_08240406.jpg
そして何か建物があった跡の基礎痕にでました。
その先には小さな踏み跡が複数方々にありましたが、
山頂方面に向かう決定的な踏み跡が無くてここで諦めました。
自然環境、景観とかに煩い割にはこういうモノを放置しておくんですねぇ。

ここから旧道を経て麓まで下ります。
a0242984_08290409.jpg
湿原部分に水の落ちる音が聞こえたので見てみると陥没した跡がありました。
a0242984_08300029.jpg
麓に下りたらチャリを置いて展望台の駐車場まで徒歩で登り返します。
a0242984_08321820.jpg
それは、そこまでの道程の傾斜が急でチャリを押し上げるよりも、
空身の方が楽だから。
BGMを流しながら軽快に登ります。
a0242984_08334866.jpg
a0242984_08340650.jpg
坂好きには堪らないのでしょうが、
その辺、自分は凡人なので…(笑)

そして日没までまだ時間がありそうだったので、
持参したもう一台でもう1度下りました。
a0242984_08354711.jpg
a0242984_08361145.jpg
a0242984_08362712.jpg
2度目の登り返し、
陽がいい塩梅に景色を赤く染めます。
a0242984_08373520.jpg
a0242984_08375462.jpg
登り返してから直ぐには下りずに車の傍で穏やかで暖かい誰もいないこのひと時を味わう。

日没を迎え麓の温泉へ。
a0242984_08394804.jpg
a0242984_08400908.jpg
この温泉は道東のph2の川湯温泉と同じ泉質!
故にphが低く強酸泉♡

浴室はこじんまりとしておりちょっとひなびた感が非日常的。
都市部の温泉施設は何処も綺麗で初めは良かったけど、
何だか特徴も無ければ感動もない。
以前ならあまり好きでは無かったこういう温泉も今ではアリなのかなと思ってます。
a0242984_08440151.jpg
a0242984_08441715.jpg
湯量は豊富。
口に含むと酸っぱくてキシキシする感覚。
同じです。
a0242984_08485941.jpg
ph2.2素晴らしい。
a0242984_08504044.jpg
湯上り後本日の夕食を食べる場所を検索します。
そして選んだ先はグルメ回転寿司『函太郎 本店』。
ここからいちばん近い函太郎になります。
a0242984_08483845.jpg
a0242984_08545468.jpg
a0242984_08513987.jpg
寿司は廻っておらず口頭注文形式でした。
っていうか函太郎は別の店舗で何度もお世話になってますが…。
寿司ばかりではなくてスイーツも頂きました。
a0242984_08533175.jpg
特にあまおうのレアチーズケーキが美味かった。

本日の宿泊先は決めていません。
行き当たりばったり。
そこが車中泊のいいところなんですけど。
んで、裏手は直ぐに海で波の音が心地よいし、
コンビニも近いし、
そのまま函太郎の駐車で一夜を過ごしちゃいました。
a0242984_08580041.jpg












































[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-10-02 08:58 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY