SOIL "PIMP" SESSIONS の LIVE

まだ興奮覚めやらぬ今。

この人たちのライブってこんなにエネルギッシュでカッコいいとは!!
a0242984_22204313.jpg

丁度休みの日の日程で行われる事を知り事前にチケットをゲットしていました。
a0242984_2315224.jpg

本日は天候が良ければトレイルライドを行ってから行く予定でしたが、

雨天中止で夕方からライブへ。

いや~マジヤバい!!

この人たちはやっぱ本気のJAZZ、生演奏こそ真骨頂。
a0242984_2221997.jpg

鋭く強烈なアドリブにタイミングを計る視線は鋭く、お互いの掛け合いも素晴らしい。

曲のつなぎやちょっとしたセッションのリズムワークのカッコよさ、

おちゃらけた音遊びに社長(アジテーター)の小気味良いトークと囃子。

もう、カッコよさで目頭が熱くなりました。

演奏の熱の入りようも『おいおい!まだやるかよ!』『マジか!』『すげー!』という笑みが、

メンバーの表情にはっきりと現れる程。

ライブ終了後、見知らぬ人と『今日は最高!今日のライブ映像が欲しい!』と意気投合する程。(笑)

本当に観て良かった。

SOILは2006年以降まともなLIVE映像DVDとか出してないんです。

ライブ映像であの熱狂を再び身近に味わいたいのにメディアがないとは…。

だからこそまたあの熱狂を見る為にLIVEに足を運ぶ事になるのだろう。

駄目だ!ウチにあるメディアでは欲求を満たせない。。。

自分たちを DEATH METAL よろしく DEATH JAZZ と、

激しい面が持ち味で疾走する速さが持ち味である事を表現するが、

メロウな曲も素敵。

激しい曲はCDではちょっと耳障りに感じる事もあるのに、

生演奏だとやかましく感じないでこんなにすんなりと入って来るもんなんだぁと感心。

メンバーのサックス奏者は道内の名寄出身で昨日は名寄でやってきたんだそうです。
a0242984_2236331.jpg

だから北海道に思い入れがあっての熱い演奏になったのですね。

もはや次回が楽しみです。



自分のハンドルネーム、CLUB JAZZY このネーミングこそ自分の音楽の根源だと再認識しました。

YOU-TUBEの中に今回の迫力を伝える事が出来る映像がなかったので、

自分の為にヒストリー映像貼っておきます。

SOILを知らない人にも分かりやすいです。

番組トップランナー









.
[PR]
by CLUBJAZZY | 2016-06-04 23:02 | イベント系

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY