十勝岳リトライ (2015/07)

見返してみたら昨年の十勝岳トライの記事も放置のままでした。

なので今回遅いですが改めてこちらもUPします。

十勝岳は日本100名山の一つで、北海道にある24時間監視対象にある火山のひとつです。

a0242984_16175642.gif

実施したのは昨年十勝岳山麓ライドの翌週頃です。

前日の深夜に十勝岳温泉の野湯、吹上げ温泉に到着。

就寝前にひとっ風呂湯浴みして、その翌朝も起床後、堪能後にスタート地点の望岳台に向かいました。

a0242984_1554456.jpg

登山開始は6時30分。

a0242984_1556130.jpg

本気の登山は早めに出発しないと午後から天候が崩れやすかったり、

トラブルで行程が押す事があるので念の為に早朝出発です。

だから昨夜のうちに現地入りしておきました。

スタート地点の望岳台は濃い霧。

a0242984_1615391.jpg

晴れるのか心配でしたが、天気予報を頼りにこの日に決めていますので、

天気予報を信じたいと思います。

スタートして旧スキー場跡を登っている時に太陽の姿がうっすら見え始め、

a0242984_1654249.jpg

そして霧が開け山容が徐々にあらわに。。。

そして太陽光の暖かさのありがたさを身に染みて感じました。

a0242984_1673917.jpg

山小屋に到着時点で上空はもう晴れ渡っていましたが、

a0242984_16101494.jpg

振り向くと下界はまだ雲の中。 しかも虹がかかってます。

a0242984_16105262.jpg

ほんと感動的な光景です。

a0242984_16211664.jpg

山小屋を過ぎると一気に急登になります。

自転車は押すよりも担いだ方が楽な場面が続きます。

a0242984_16233872.jpg

マジで岩だらけで心が萎えます。

でも、先に広がる景色は気持ちを奮い立たせます。

a0242984_16244871.jpg

それは、火口原に出るとフラットになりここで乗りたいという野望が叶うから。

その為にはえっちらおっちら。

a0242984_16282429.jpg

火口原への九十九折れの火山礫の最後の登りを越えて、

a0242984_16354355.jpg

火口原へ到着。

a0242984_16404735.jpg

火山灰の荒涼とした世界。

a0242984_16504961.jpg

前回はここまでは来ました。

a0242984_16423543.jpg

しかし時間切れで引き返しましたので、この先からは初の経験です。

噴火口の周囲には近寄りませんでしたが、風向き次第でむせる様な火山性ガスが飛来します。

a0242984_16483167.jpg


最後のロックセクションを越えて、

a0242984_16554378.jpg

山頂に登頂!

a0242984_16563192.jpg


a0242984_16571396.jpg

見渡す限りの絶景に撮影しまくりで色々とお見せしたいとこですが、

記事を書くのもそろそろ飽きてきたのであと何枚かの画像と動画をUPして今回は締めたいと思います。


a0242984_1701058.jpg

a0242984_1713651.jpg

a0242984_1723029.jpg

a0242984_173065.jpg

a0242984_1741710.jpg

a0242984_1745479.jpg

a0242984_1773564.jpg

a0242984_1793471.jpg

a0242984_1751598.jpg
この人山岳警察でしたが『凄いね~』としか言われず特に注意やお咎めなしでした(笑)
a0242984_1710798.jpg




この動画もてっきりUPしたとばっかり思ってましたが、見当たんないという事はしてなかったかしら…。


っていうか動画まで中途半端だった…。




.
[PR]
by CLUBJAZZY | 2016-04-18 17:27 | トレイル調査 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY