ジャイアントコグ…まさか曲がるとは…②

2枚の曲がった FOURIERS のジャイアントコグですが、

通常なら42T駄目だよね! って導入を諦めるとこでしょうが、

N沼ライドの急峻な登りでの有用性を味わってしまったらそう簡単に諦める訳にはいきません。

丁度、年末年始の物流停止期が近かった為、

行きつけのショップで在庫してある他ブランドの42Tジャイアントコグを装着してみようと思いました。

こうなったら自分が人柱になって何処のブランドが丈夫なのか実証してみたくなりました。

① SURLY MOONLANDER には e-thirteen をチョイス。

商品名は EXTEND RANGE COG だそうです。
a0242984_3515569.jpg

 このブランドは過去にリコールしており、既に購入していた人は無償交換をして貰っているそうです。

 うん、何か安心できそう。

ジャイアントコグは変速時にローギア側に引っ張る力が生じた時に、

その一つ下のギアに支えて貰うための突起がありますが、

e-thirteen の突起は小さく華奢(きゃしゃ)に見えます。

a0242984_3303967.jpg

全体的に補強部が小さめですがそれで大丈夫なんでしょうか?

アルマイト系パーツってアルミなんですが、

同じアルミでも硬度の違うアルミを使用しているらしく、

こちらは7000番台の固めだとか…

②SALSA BEARGREASE CARBON には MSC のワイドレンジコグ。

a0242984_3533029.jpg

こちらは以前 SURLY KURAMPUS に装着したギア板ですが、

冬季はそんなに KURAMPUS に乗る事もないからとひとまず BEARGREASE に移植しました。

前述の e-thirteen に比べてこっちの方が全体的な厚みはあります。

a0242984_355998.jpg

カラーはブラック。

これと ROCKY MOUNTAIN BLIZZARD の FOURIERS を試してみたいと考えております。

こうやって見ると FOURIERS の肉抜きがいちばん大胆ですので強度が弱いのでしょうね。

a0242984_4195850.jpg

普段、強度が弱くて壊れるなんて思ってもいないパーツが壊れてしまうのはホント困ったものです。

サイズが大きくなるから重くなるのを嫌っての軽量化が結果強度不足とは…。

その所為で余計な時間やお金が浪費されてしまいますから。

FOURIERS については曲がるまで時間の問題なのかな?と、考えておりますので、

他にも気になるブランドがあるので年始の物流停止が解除されたら、

そちらも手配してみたいと考えます。

ちなみに交換後2回N沼ライドしていますが、

ROCKY MOUNTAIN BLIZZARD の FOURIERS は今のところは健在です。
 
a0242984_4273450.jpg






その時の下り動画です。



動画中に登場する親子とはこのあと温泉で再会しFatBike談義をしました。
[PR]
by CLUBJAZZY | 2016-01-08 04:03 | カスタム日記 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY