T石山 調査ライド

記事は書き上げていたのですが動画を編集する時間が取れなくて未投稿のまま放置していましたが、

沖縄編にまだまだ時間を要しそうなので動画を載せずにUPしちゃいます。

a0242984_21385620.jpg


ここ数日ハードな長時間労働で気力が削がれていたので残雪も無くなったしご近所探索。 札幌近郊の自然歩道はことごとく自転車禁止かと思いきや、この山は入口にその表記が無い! 今まできっとダメなんだろうと思い込んでいたのに灯台元暗し。 調査なので頂上まで行ったが、お手軽に楽しむならT4分岐までで充分。スムーズに走行出来るからサス付きとか気持ちいいコース。次回来る時はサス付きで。 その上になると斜度が増しツヅラ折れ、担ぎ、木の根っこと山らしくなる。 決して乗れない訳ではないが押し上げる労力は増す。 別ルートで下山予定だったが崖崩れで通行止めとあったので今回は来た道を引き返す。本日遭遇した登山者は登りの時に下って来た2人のみ。人が少ないのも魅力。隣の藻岩山にはわんさか居るんだけど…。 麓まで下ると旧コバランドでスノボのジャンプ練習を見れた。 そしてソーダソフトを購入。ラムネの粒入りで暑い日には爽快。 帰路、北一条を走行中に前方を走行する女性ライダーを見かけ、近付くにつれて何だか艶ビ師匠に見えて信号待ちのタイミングで声掛け。『Hey!』って声掛けしたら自分の車じゃなかったのもあって外人と間違われて驚かれたw 艶ビの提案で中央区某ショップのモーリーさんに会いに行く事にする。モーリーさん〇部さんと暫しの会話。ずーっと行ってないのに店長も顔を覚えていていてくれた。 んで、秀岳荘に寄って熊スプレーのケースを購入し、全く手付かずの沖縄準備の為にクロックスを購入しようと調べたら新札幌ゼビオスポーツで取扱いがあったので帰路だしと寄ったところ元後輩の通称ボクちゃんに出会えて割引券を頂いたのでついでにトレッキングシューズを新調。クロックスは不人気色のブラウンがワゴンセールで半額だったので特に欲しい色が無かったのでそれにした。ちょっといいなと思うデザインは白が入っているので汚れ沈着しそうだしこれなら土で汚れても気にならなそう。

もう、旅行準備に追われているので動画によるコース雰囲気案内はまた後程落ち着いてから。

a0242984_21403449.jpg
こちらに駐車して自走で小林峠に登ったが手稲山に比べたら超楽ちん。

a0242984_21405450.jpg
小林峠の途中、廃バスと花

a0242984_2141284.jpg
小林峠の石碑前

a0242984_21434345.jpg
ここの入口には例の文句が無い…。

a0242984_21444544.jpg
山頂まで5.2km。ロードで5.2kmなんてクソみたいな距離なんだけど、山での往復10kmの疲労はたぶんロードの150kmを越えると思う。

ロードの疲労感は体が怠くなる重たい感じだが、マウンテンの場合は瞬間的な出力が大きいから筋肉痛になりやすいが、疲労感が倦怠感になる様な感じではない。

a0242984_22214820.jpg

距離が長いもう一方のコースは只今登山道崩落の為通行止め

a0242984_22233059.jpg


a0242984_21573071.jpg
T4分岐。 ここまでならお手軽に遊ぶ事が出来る。 2~3回繰り返し遊ぶ事も出来そう。

フルサスが楽しめるコース。

ここより先は山らしくなってちょっと骨が折れる。

a0242984_2225396.jpg


a0242984_22261189.jpg


下りでリアブレーキの辺りから異音とブレーキングの違和感を感じて見てみると、

キャリパー取付けネジが緩んでいたぁ~。

a0242984_2229413.jpg


麓まで下ったら旧コバランドスキー場でスノボのジャンプ練習をちょっと見て、

a0242984_22311336.jpg


ラムネの粒入りソーダソフトを食べる。

これはやっぱり暑い日には爽快でいいね。

a0242984_22322129.jpg

バンケイスキー場で無料提供されている水をたっぷりお代わりで締め括る。

a0242984_22333481.jpg

[PR]
by CLUBJAZZY | 2015-06-30 22:18 | トレイル調査 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY