Oロフレ山 調査

a0242984_1237724.jpg



本当は麓のカルルス温泉に車を駐車して舗装路でオロフレ峠駐車場に上がってR馬岳方面に縦走してカルルス温泉に下る計画だったが、6月にならないと解放しないと言われたゲートが今年は雪融けが早くて開いていたので丁度登山客も少なく先にOロフレ山を登ってみる計画に変更。 Oロフレ山は細くえぐれた道なので狭く登山客がいると避けずらいかな。 でも部分的に公園の散策路みたいな魅力的な道が存在する。 羅漢岩という物々しい名の難所があると言われていたが、実際に行ってみると思い描いていたよりも全く以って問題なかった。 それよりもその後に控える岩場の登りが2ケ所、こちらの方がよっぽど大変だった。 山頂部に僅かに乗れるところがあるけど山頂まで自転車を上げる程の価値は後半にはない。 Oロフレ山から戻った時点で11:00だったので、これからカルルス温泉まで下りて自転車で登って来るよりも、ここからR馬岳まで先に縦走してそこで考える事にする。

          



a0242984_1432595.jpg
SALSA BEARGREASE CARBONをトレイルで本格運用の為にタイヤ交換
今までスパイクタイヤを履かせたままにしていました。タイヤは舗装路走行を想定して転がりの軽いパターンにし、下りのブレーキングの信頼性を高める為にフロントはムーンランダー用の4.7インチ、リアはクリアランスの問題でパグスレイ用の3.8インチを履かせる。

a0242984_14121347.jpg
リアのブレーキディスクが140ミリと小さい為か効きが弱いので今後対策が必要。純正ブレーキは機械式のBB7。キャリパーの取り付け位置が普通じゃないのでローターが大きく出来るかはやってみないと分かんない。

a0242984_1305589.jpg


a0242984_1321451.jpg
登山口

a0242984_133291.jpg
最初は土留めを兼ねた階段セクション

a0242984_1373876.jpg
尾根に上がると良い道がある

a0242984_1394048.jpg
細いえぐれた道

a0242984_13103794.jpg
羅漢岩
a0242984_13132391.jpg


a0242984_1318452.jpg
岩峰

a0242984_13191953.jpg
岩峰からのOロフレ山を望む

a0242984_13203429.jpg

a0242984_13213450.jpg

a0242984_13222832.jpg

a0242984_14171011.jpg
1000mケルン

a0242984_14191550.jpg
ケルンを過ぎると岩場の登りとなる

a0242984_14264367.jpg

a0242984_1423551.jpg
山頂からの景色
[PR]
by CLUBJAZZY | 2015-06-05 13:24 | トレイル調査

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY