トレイル調査団 M府岳 (動画あり)

a0242984_203552.jpg
道中の景色に惚れて停車してパチリ!



今回も残雪残る道央から道南室蘭方面に移動してトレイル調査ライド。

今回もフルサスと3.8インチFatBikeのパグスレイを積んでの出動。

現地で選択したのはパグスレイ。

a0242984_19191221.jpg

行きの道中に大滝ナイヤガラに立ち寄る。

なかなかいい場所なのに案内標識が一切ないので観光資源化する気はないらしい。

a0242984_192188.jpg

湯元 名水亭の前の川は 白絹の床 として洞爺湖有珠山ジオパークの認定。

白絹の床とそれに加えて滝なのに何の扱いもない。。。(笑)

a0242984_19214965.jpg

a0242984_1923497.jpg


a0242984_19264750.jpg

今回の調査ポイントの登山口。

先日のD達紋別岳や昨年登ったW別岳によく似た山。

a0242984_1935252.jpg
林道終点に放置されている廃車

a0242984_1936995.jpg
座り心地が良いのでお尻愛(笑)

a0242984_19371294.jpg
ガマ岩展望台

a0242984_19375625.jpg
笹原の尾根道は先日のD達紋別岳にとてもよく似た雰囲気。

隣り合う山だから植生が同じで尾根を通って奥のピークに到達する行程も同じで似てるのでしょう。

a0242984_19403617.jpg
山頂

a0242984_1941191.jpg
ケースとの隙間でガタガタうるさいと前回感じたのを思い出して即席で隙間にスペーサーを咬ませる。

a0242984_2063593.jpg
登りは大変だけど下りの楽しさは毎回裏切らない!

a0242984_19423934.jpg
次への移動途中にちょっと立ち寄ってみた。

貝塚なんて小学校の時の社会見学以来。

a0242984_19461247.jpg

a0242984_19463312.jpg

当時は自分の意志など関係なく只連れて来られて興味もなかったが、

今回は自分の意志で来た訳だからそこは大きく違う訳で。

a0242984_2001758.jpg
他に来場者も無く暇な学芸員に色々と説明してもらいなかなか興味深い面白い話が聴けました。

例えばこの場所で発掘したのは極一部で、そこからも数十体の埋葬が発掘され、

今後も再発掘される事はないので沢山の遺体が眠っている事や、

埋葬時の姿勢の意味と長寿への敬いの念、木を切る斧の石は理由があって遥か日高の石である事、

祭事の事や当時の文化など。

機会があれば訪れてみるのもアリかと。

a0242984_2003722.jpg
a0242984_2005081.jpg
再現住居

a0242984_201942.jpg
祭壇?

a0242984_2014199.jpg
囲炉裏には火がくべられており暖かかった

a0242984_2015534.jpg
発掘で出てきた埋葬レプリカ
a0242984_2021753.jpg

a0242984_2023141.jpg
なかなかデカい熊の剥製

a0242984_2024793.jpg
近付いてみるとこの迫力は遭遇したら生還する自信がないなぁ。

他の動物は口が怖いが口よりも厄介なのは樹皮にも傷を付けるこの爪でやられるのが…。

肉ごと削がれる破壊力。

a0242984_203180.jpg
その後は室蘭の断崖に立ち寄って更にトレイル調査。

a0242984_2031347.jpg

a0242984_20271750.jpg

そして毎度の登別温泉さぎり湯。

湯船に堆積した湯の華が舞う位の硫黄泉は非常に貴重。

なので近くに寄ったならば必ず濁った硫黄泉は堪能しておきたい。






[PR]
by CLUBJAZZY | 2015-05-09 20:25 | トレイル調査

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY