U珠、Tカリショ、登別温泉  ①

a0242984_624593.jpg


石狩平野周辺の山々はまだ残雪があるようなので室蘭方面の山に行って来ました。

まずは下って楽しいU珠山。

昨年来た時にトレイルを登らなくても登りやすい道がありそうだと見当をつけて終わったので、

その道を辿りながら山頂を目指します。

a0242984_6251184.jpg

a0242984_6252535.jpg

ゲートがお出迎え、でも自転車を持ち上げなくても脇から通れます。

ルートは脇にナンバーが記されておりカーブ毎に番号が繰り上がりNo.28でおしまい。

a0242984_6292198.jpg

均等では無いが番号を辿ると目安になるので励みになる。


a0242984_6265665.jpg

つづら折れの繰り返しで高度を稼いでいきます。

乗車でも登れますが歩いた方が楽なのでのんびり上がります。

a0242984_6283467.jpg

No.25の向こうに噴気が見えましたので、行ってみました。

a0242984_6305532.jpg

a0242984_6314964.jpg

おおー素晴らしい。

程なく頂上到着。
a0242984_644663.jpg


外輪山は自転車で階段までは行けるがその先に続く長い階段を行くメリットはなし。
a0242984_646277.jpg

a0242984_6465473.jpg


風も無くてお日柄も良く上着を着る必要なしのTシャツ姿で充分な気温でした。

a0242984_6341098.jpg


ムーンで来たのは初だったかしら…?

タイヤの直径の大きさの恩恵か一度も足を着く事なく下る事が出来た。

山頂から麓までコース概要 ノンストップ映像 (FatBike編)


そして車両を入れ替えての2本目今度はフルサス。
a0242984_6475882.jpg


2台はまるで別の乗り物。 フルサスは勢いで乗る感じ。



じゃあ、どっちが好みと言われるとどっちも好き!

でも、太いタイヤの方ばかり乗っていると細いタイヤが信用できなくなるのは確かです。

そうなると、こういうのが欲しくなる訳で。

a0242984_6575743.jpg

たまたま機会に恵まれてフレームを取り寄せて自分で組んだというバイクに試乗させて貰いましたが実に軽く仕上がってました。

これならそんなに重さを気にしないでトレイルで活躍しそうです。

あ~ぁ、また欲しくなるじゃないですかぁ!

現在の北海道に現存するいちばん先鋭的なFatBikeだと思います。
[PR]
by CLUBJAZZY | 2015-04-23 01:27 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY