小樽ナイトポタ

最近休みの日はお外での活動をしないでお家の中で過ごす日が多かったり、

ゲレンデに赴いても特段ネタにする程でも無いとブログは最近毎度の放置状態でした。

今回の休みは夜にナイターでも行こうと思い立ち23時までやっているONZEに行ったものの、

ゲレンデを滑降する板の発する固めのバーンの音にゲンナリして、

a0242984_0533515.jpg

サイドカントリーも、コース脇の圧雪残しにも期待出来なさそうだった為小樽に移動してナイトポタリングをする事にしました。

小樽の入口付近に駐車しそこから歩道ライド。

のんびり海側を通って運河方面へ。

今回はスパイクタイヤを履かせている熊炭でのポタリング。

埠頭に何やらゴツイ船が停泊しているのが見えましたので近付いてみました。

あの風貌はどうやらイージス艦の様です。

フェンスには

a0242984_054081.jpg

と、ありましたので米艦艇と云う事は解りました。

89という船体番号から 横須賀所属の マスティン という ミサイル駆逐艦 でした。

今回は一般公開は無いようです。

a0242984_058357.jpg

港をあとにして運河へ。

やっぱり夜の運河の風景は鉄板ですね。

a0242984_0593651.jpg

a0242984_101950.jpg

a0242984_152621.jpg

IXYのコンデジでもこんなに見栄えのいい写真が撮れました。

運河も端の観光地から外れた辺りは家庭用除雪機で除雪された狭い道と化し、

固い部分は削れない軽量な車体が造ったアップダウンの繰り返しの道がトレイルぽくなっていて面白かった。

a0242984_14218.jpg

あとは冷えた体を温泉で癒しましたとさ…。

早くスキーが楽しめるモフモフの雪積もらないかなぁ~
[PR]
by CLUBJAZZY | 2015-02-07 00:49 | 自転車雑記 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY