小樽でSUP

a0242984_4291425.png

小樽の祝津…水族館が在るとこですがここから赤岩海岸方面に漕ぎ出す事にしました。

砂浜はあとでの砂の掃除が面倒だし、海水の透明度も低いのでちょっと乗りたいなら、

極力岩場の海岸を利用します。

今回も凪の穏やかな日。

鰊御殿の岩場をぐるっと廻込んで水族館裏を通って険しい断崖絶景の赤岩へ。

鰊御殿から水族館の辺りは何故か今まで見たことも無い程のクラゲの密集地帯でした。

a0242984_4185272.png

クラゲは刺すといいますから、こんなところでバランスを崩して落水したら…と考え慎重に…って、

意識すると逆に体が強張って何でもない時に おっとっと! という状態に陥ります。

そんな時に限って地元漁師の容赦ない往来で立つ波がバランスを崩させようと襲ってきます。

それでもクラゲの地雷原では落水する事もなく無事通過出来ました。

そんな水中をカメラで撮影して見てみると、

クラゲを鑑賞水槽で飼育する人の感覚が理解できる何とも優雅で幻想的な姿が撮影出来ました。

赤岩海岸付近ではシーカヤックとダッキー(1~2人乗りのラフティングボート)の人と会いSUPに興味深々。

a0242984_4240100.png

SUPが如何様なモノか試してみたいらしく、ダッキーとの直線速度勝負を挑まれました。

勝負の結果はSUPの圧勝。 

ダッキーの人は腕がぱんぱんだと言っていましたが、SUPはそれ程疲労感もありませんでした。

じゃあ、SUPは楽なのかと言われると、やっぱり不安定な板の上に立つ訳ですから、

絶えずバランスを取る事を強いられます。

なので、体幹が鍛えられ、上半身の運動にもなると言われています。

長時間のパドリングも色んな漕ぎ方で、腕だけ使う、体を捻る、腹筋を使う等バリエーションは何ぼでもありますから、

効率の良い漕ぎ方、無駄に力を入れてトレーニング的に漕ぐ等、好みや目的に応じてパドリング出来ます。

自転車が下半身メインの運動ですから、

丁度バランス良く運動が出来るのかな。

海から上がって小樽のイオンで買い物をしていたら、

ルスツでMTBで遊んだ帰りのPさんが『落ち合って一緒に食事でも。』との事で一緒にお寿司を。

食後の甘味処を求めて小樽市内を徒歩で彷徨い、結局時間的に見つからずびっくりドンキーでパフェにありつく。

午前0時を廻り帰宅するPさんと別れ、生温かい気温にもう少し自転車で深夜徘徊でもと思ったが、

突然襲ってきた睡魔に勝てず巡視艇の見える埠頭で就寝。

早朝、モヤが立ち込めた海だったが海面が穏やかだったのでもう一度祝津に移動、昨日と同じ様にSUPで遊ぶ。

午後から出勤だったので、ここから直接お仕事に向かいました。

髪の毛キシキシのままで…。


[PR]
by CLUBJAZZY | 2014-07-19 04:15 | 浮板系(SUP) | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY