歩行跡トレイルでの深雪路側で埋まらない譲り方 (動画あり)

野鳥に餌付けするヒマワリの種を買いにホームセンターのペットコーナーに行きましたが、

いつものシリアル位の箱入りが300円程度でしたが、

期間限定の安売りに魅かれて枕位の3kg入りを購入してしまいました。

こんなに一杯どうしましょう。

さて、本日も青い空でお外に出ないと勿体ないお日柄でして、

いつものホームコースへ。

a0242984_1573478.jpg

実は降雪後に来るのは今季初めてでした。

ここでのライド映像はもう何本も制作しているので今回は志向を変えてみました。

ここは人が分け入って出来た歩幅のシングルトラックで、

その幅を逸脱すると車輪の半分は埋没するテクニカルな平均台ならぬ平均溝です。

バランスを崩して足を着こうものなら太もも辺りまで埋まるし、

踏み固められた路面は自転車が占有しているので再スタートでの地切も困難です。

だから極力足を着かないように慎重にバランスを取りながら走行します。

なのでいちばん最短ルートでも結構暑くなります。

a0242984_1583430.jpg

そんなトレイルですが歩行者と遭遇する事もあり、

この歩行者なしにこのトレイルは出来ませんので、

利用させてもらう以上なるべく迷惑の掛からない様に路側に退避しますが、

そのまま路側に足を着くと場所によっては太もも辺りまで埋まってしまいます。

そこで、Fat Bike特有の浮力を利用しリムに乗る事で沈みこまないで歩行者を通過させる事が可能です。

こんな他愛もない内容で動画を本日こしらえてみました。



♪ EARTH WIND & FIRE

そのあと、メンテナンスキャンペーンに我が子を2台送り届けました。

a0242984_155408.jpg

[PR]
by CLUBJAZZY | 2014-01-15 01:59 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY