スキー場のゲレンデを自転車で下らせてもらう為に交渉 (動画あり)

FatBike仲間の投稿から自転車をスキー場のリフトに載せて、

ゲレンデを下って来れるというスキー場の存在を動画で知りました。

                   

しかしながら当方の居住地ではなく、海峡を挟んだ向こう側の様です。

では当方の地でどこか可能な場所は無いものかと考え、

既に昨年、自走ならひと気の無いコース脇を走行しても宜しいという許可を頂いていたスキー場へ。

そのスキー場は近年豪雪地域となって良質な新雪(深雪)を楽しめるローカルスキー場として、

スキーのホームコースの1つとして利用している場所です。

昨年は「雪上を走行する事に特化した自転車があるのだけれどゲレンデの脇を走行しても良いですか?」と尋ねたのですが、

その時点で、スキー授業などの団体客が入っていない事、接触事故を起こさない脇で走行する事が条件でした。

しかし、リフトには載せられないと…。

で、昨シーズンは結局一度も自転車を持参する事なく終了しました。

そして今回、降雪がありましたので、スキー2本、スノボー、スノーモト、Fat Bikeと色んなアイテムを搭載して行ってきました。

a0242984_21492650.jpg

前回の許可に続き、勝ち取るべくはリフトの利用。

今回は、事務所でどういった自転車を走らせたいのか、Fat Bikeとは、ゲレンデや雪山を自転車で下る事について説明するにあたり、

映像を交えてイメージしやすくする為に、映像を入れたノートPCを持参しました。

                      

(説明に用いた一例…日本ではまだまだマイナーながら外国では雪上自転車は確立されている事)



説明の当初は映像に関心しておりましたが、

昨年スノースクートを2台レンタルで用意したが、不慣れな初心者が操作ミスで接触事故になり今年はやめた事もあり、

ソリやその他それに付随するようなアイテムは安全性が担保出来ないとの見解でした。

それでも、スキー授業や団体客がいない時であればコース脇の人のいない場所であれば走行可能であるという許可を頂きました。

但し、リフトはダメ…。 多分山頂まで上がる事は想定外のようです。 この時点で昨年と何ら進展していません。

リフト利用がダメな理由として、係員の皆が正社員という訳ではなく、非正規の人が多い為乗降時のトラブルに対応しかねるという事でした。

その件についての代案として、自転車はフロントホイール、フレーム、リアホイールと3つに分割する事が可能なので、

スノーボードやストックレスでスキーをする時に、空の手にその1つを持って乗車する事は出来ないだろうか? と提案すると、

試験的に実施してみて、現場の係員の意見を聞いてみるという事になりました。

早速ばらした自転車の1コを持ってリフトに乗ります。

a0242984_2150349.jpg

山頂に自転車の一部を上げた後、麓に滑走するアイテムはスノーボードとしました。

理由は自転車にはスノボブーツならペダルに問題なく乗車可能だからです。

a0242984_21544651.jpg

初めはフレームを上げましたが、山頂駅でリフトから降りる際にその不安定な形状からふらつきが生じました。

幸いにもコケるには至りませんでしたが一度自転車で下ってみた後は、

足元が不安定な板装着時にはホイールを運び、最後に空足で上がる時にフレームを上げるように改善しました。

これで安全に自転車をリフトに載せられるという実績が出来た筈です。

自転車では計4回DHをしましたので、パーツとして運搬した回数は12回です。

将来的にはホイール2本をいっぺんに上げる事も可能でしょうが、

今回はあくまで試験運用ですので無理せず良い印象を与える事に専念しました。

ゲレンデを走行する印象ですが、如何せん距離が短いもんであっという間です。

エッジ付なら振り回して遊べるんでしょうが、タイヤは鋭く曲がれないので大回りです。

それでも後半はウォッシュ・ボード(洗濯板)に入ったら面白かったなぁ。

あと、いい勢いでコケたら、ハンドルが地面に刺さり込んでブレーキレバー曲がっちゃうので注意!!

結果的に4時間券を購入し2時間はスキーでパウダーかじって、

ナイターに突入してスキーで滑っていたコースが閉まってからスノボー&Fat Bikeライドに変更。

a0242984_2156431.jpg

今回は4時間のうちにスノーモトに乗る時間をつくれませんでした。

頭の中では乗り方は理解しているつもりなので、あとは実践あるのみ。

マズイ、スノースクートのレンタルをやめたというのにこのアイテムは初心者なんだけど…。

ま、いいか~ぁ。

帰りの道中に温泉に立ち寄りましたが、なかなか雰囲気のいい温泉でした。

a0242984_21563158.jpg

このスキー場利用の際には頻繁に立ち寄りたいです。



[PR]
Commented by 店主A at 2014-01-08 17:45 x
いろんなところにFAT[を広めてくださって、頭が下がる思いです。損得抜きのそういった行いに人が集まるんですね。私もそうありたいものです。
Commented by ひろ at 2014-01-11 17:32 x
ゲレンデを疾走とはおそれいりました。。

クランパスで迎える初冬ですが、残念ながら京都はまだ雪が積もっていません。雪上ライドが試したくてウズウズ。
Commented by CLUBJAZZY at 2014-01-16 02:41
ただ遊ぶテリトリーを増やす為の行為なんですケド、ダメもとで聞いてみるもんだなぁと思いました。 クランパスの大径タイヤはトラクターと同じと考えるとぬかるんでもズンズン進んでいきそうですね。 
by CLUBJAZZY | 2014-01-07 21:57 | トレイルライド | Comments(3)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY