森林公園パトロール後は野湯で一泊&雪道DH (動画あり)

MAD&SNOWの野幌森林公園のパトロール。

積雪の状態はトレイルを走行するにはこれ以上積もられたら楽しく走るには厳しい状況になりつつあります。

a0242984_1926214.jpg

a0242984_19262237.jpg

a0242984_19264772.jpg

そうなると、自力開拓は諦めて、歩行者の踏み跡を頼りに走行しますので、

ジープロードがメインとなります。

森林公園は各所水道が凍結防止に落されていますが、森林の家の水道だけはまだ健在。

a0242984_1972838.jpg

多分落し忘れかとも思われますが、

ここの駐車場を起点に活動すれば取り敢えず泥まみれから解放させてから車載する事が出来ました。

この後、陽の没した17:00から十勝岳方面に向かい、

食事タイムとかを経て20:00に吹上温泉に到着。 

白銀荘なら22:00までやっているのでぬる湯中心にまったり、 

a0242984_1975492.jpg

a0242984_1982189.jpg

締め出されたあとは直ぐ傍の吹上露天の湯に移動。

ここで納車後初の車中泊。  雪がしんしんと降り他には誰も居ません。

a0242984_19135975.jpg
 
里から離れているので本当に静寂に包まれています。

TV電波が届かなかった為、いい機会なので購入したままずっとビニールすら剥いでいないコミックを複数持って来ていたので、

それを読みふけり、眠くなったら寝て、起きたら露天に行くを朝まで繰り返しました。

静寂に飽きたらX'masソングを流しながら入浴しましたが、手持ちの照明の薄明かりと降雪によって、

普段聞かないENYAやケルティックウーマンのX'masソングが場にとてもマッチしていると感じました。

衣服は濡れ防止に麓の町のホーマックで購入した90Lのゴミ袋が活躍。 

次回はこのビニールを吊るして温泉に浸けておけば温かい衣を着れるのでは?とも思いましたので今度試してみようかしら。

湯が入り込んだら悲惨…。

温泉での撮影は、真っ暗でフラッシュ焚くと降雪が反射してハレーション起こすし、焚かないと何も写らないので諦めました。

a0242984_19195075.jpg

a0242984_1920954.jpg

イメージ画

ドラマ 『北の国から』 で撮影に使った事で有名な野湯です。
a0242984_19221881.jpg


明朝7:00丁度に近くにある上富良野駐屯地から大砲の音で起床時間を知らせるような発砲が数回ありました。

自分は温泉に浸かっていましたが、懐かしい早朝バズーカに似ていて面白かったです。

こんな時間から演習するんですね。

朝の時点で風邪が悪化したのか、湯あたりしたのか体調があまりすぐれなかったのですが、

折角ここにいるのだからと、冬季の北海道では車で行ける最高所である凌雲閣までちょっと移動し、

8:00からMoonlanderでダウンヒル開始。 

降雪したてで凍結していないのでノンスパイクタイヤでも充分に面白いが降雪が無いと圧雪凍結しそう。 

リアフルブレーキでのドリフトが面白く、ブレーキを解放すれば直ぐに体勢が立ち直るので人間ABSでコントロール。 

a0242984_1911616.png

いつもの雪の無い時期はトレイルを求めて白銀温泉方面に下るのだけれど、

冬季は望岳台までの連絡路が通行止めなので上富良野に下るが、

19km(駅まで)のコースのうち登りは150m位(距離)しかないので超楽ちん。

体調がイマイチなことはすっかり忘れていましたし、 この一本で復調しました。 

a0242984_19115791.jpg
(コース中唯一の登り箇所)


バスの時間に合わせて下り、バスで登りかえしてきたが、

今月から3月まで地元の70歳以上の人は交通費込みで300円で温泉に入れるとの事で超満員。 

a0242984_19113666.jpg

自転車を車内に持ち込むことはできませんので、町にデポしてバスに乗りました。

今回は平日の早朝でしたので交通量は全くと言って良いほどありませんでしたので、

気兼ねなく下れましたが、休日はどうなのかしら…。

上には温泉が3軒あるだけですので、交通量は少ない筈です。

これが手稲山だと上にスキー場があって交通量が多いのでこうは遊べないと思います。


もっと撮りたかったんですが、バスの時間があったので撮れませんでした。 
[PR]
by CLUBJAZZY | 2013-12-07 19:35 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY