SAM'S BIKE presents ラルマナイツーリング

本日はSAM'S BIKE presents のラルマナイツーリングに参加してきました。

a0242984_114154.jpg

夜勤終えて向かいましたが、スタートに間に合わず、

最悪追いつかなくてもいつもながらの一人ライドでもいいじゃないかとスタート。

後追いで何とか2つ目の分岐で休憩中の本体に追いつきました。

a0242984_0471348.jpg

自分の第一声は わざとらしくも『あれ?奇遇ですね!』 

只でさえ遅れていたので道中で飲料水、補食を購入する間も惜しんで向かいましたのでそのまま何も持たずに林道入り。 

そんな自分にSAMさんから飲料水のお裾分けを頂きました。

お蔭で干乾びずに済みまして、ありがとう御座いました。

参加者はほぼ Fat Bike 一色でいつの間にやらこんなに増殖していたのですね。

a0242984_1742100.jpg

a0242984_1275458.jpg

もうそろそろ自分のFAT BIKEの魅力を伝えるという役割も終わりかな。

自分的にはここは自転車メインの日記的な忘備録としてやっています。

以前は補足的な目的でUPしていた動画ですが、

今は文章を書くよりも動画をUPする方が性に合ってます。

映像素材の撮影、選別、編集、加工変換、UP等時間と手間はかかりますが、

それでも文章を書くよりは楽しいし、その編集時間も後で見返す動画も、

あとで振り返って楽しめる貴重な時間。

でも、今回は遅れての参加で一部始終の撮影は無理だったので、

気持ちを切り替えて動画撮影は今回は殆ど行いませんでした。

最近は殆ど撮影しないイベントは無いので、

後に編集しながらの余韻に浸れなくてちょっと寂しかったけど、

たまには撮影抜きで楽しむのもいいかなと思いました。

別に撮影者が居ましたので、今回はエキストラに徹します。

a0242984_1291051.jpg
(”自転車と旅” という雑誌でお馴染みのTakさんが撮影隊でした)

林道が川になってしまうこの場所は道なのか川なのかははっきりしませんが、

地形的に稀な場所ですので今後も大切にしていきたい場所です。

a0242984_1174750.jpg
 

半日のイベントでしたが仕事終わりには軽めで丁度良く楽しかったです。

それにしてもSAMさんのライディングはウネウネしたりジャンプしたりとアグレッシブでその姿を見ているだけでも楽しそうでテンションが上がりました。


話は替わりますが、

帰宅途中の支笏湖線、滝野線、芸術の森に向かう道の三叉交差点で確かコルナゴのロードと車の接触事故で、

お盆の人出の多い時期に更に大渋滞を引き起こしておりました。

車を運転すると分かると思いますが、死角があるのだから交差点付近でモータリゼーションの近くには寄らない事です。

弱者優位と我が者顔で車の左側に進入して巻き込まれたのでしょうね。

同じ自転車乗りとして、それ位予測して自転車に乗ってもらいたいものです。

非常に迷惑な渋滞でした。



楽しいと実感している企画者の姿と、深みにダイブする自分の姿の動画。 (20秒足らずと超短いです)

[PR]
by CLUBJAZZY | 2013-08-13 01:21 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY