白老の秘瀑 社台滝ライド (動画有) 動画更新

今回は不思議村村民 MTB企画としてPPSさん、OTK (OHTK=オホーツクと改名中) さんと共に、

白老の山の奥深くにある秘瀑の社台滝を目指してライドしてきました。

スタート地点は樽前ガローで、車から降りると巨大なアブ?に追い立てられながら仕度を整え出発。

廃材が撒かれた道で、PPSさんのネクロマンサーのリアタイヤがパンク。

その場で修理し、出発すると今度はフロントが…。

同じよう位置に穴が明いていたので、どうやら細い釘の様な物を通過して両方明けてしまったようでした。

後輪を修理している間にはフロントの空気が漏れ続けていた事には気付きませんでした。

初めてPugのパンク修理をしましたが、ロードのパンク修理に比べて何と容易なのでしょう。感動モノです。

只、あの極太タイヤの容量に挿入する空気の量はハンパナイですので、

携帯ポンプでの空気入れ作業はひと汗絞られます。 いくぞー100本ポンピング!×2回 !

やっぱり仕上げ作業は所有者の特権ですので、ポンピング作業は所有者のPPSさんに委ねます。笑)

スイマセン!そこから逃げて…。

パンク修理後の行程はトラブルも無く順調に行程を進めます。

滝への道は熊にいつ遭遇してもおかしくない林道をひたすらヒルクライム。

熊鈴を余計に鳴らし、念の為ラジオも鳴らします。

フレッシュな熊の糞が度々落ちていますし、脇の木には爪のマーキングも見受けられます。

でも、今回は熊には遭遇する事無く、 鹿に3回と兎1匹と、単独サイクリスト1人の遭遇で済みました。

サイクリストは我々の前方の道を横切っていき、話を伺う事はできませんでしたが、

タイヤ痕からスリックに近いMTBかクロスバイクだと思われます。

背中に大き目のザックを背負った中年男性でした。

前回来た時には最短ルート台上管理車道が3~4箇所崩落しており、

今回は状況を判断してコースを決めようと取り合えず最短ルートに入りました。

前回崩落していた部分がきちんと修復されていたのでこのまま行けると思いきや、

a0242984_12351431.jpg

やっぱり崩落が立ちはだかりました。

a0242984_264567.jpg

どうにか行けないか試してみましたが滑りやすく自転車を持ったままでは難しいので、

遠回りの迂回路を素直に行く為に引き返す事にしましたが、

途中に抜けられそうな脇道を見つけて引き返す距離が短くて済みました。

メインの林道から滝への分岐に表示がないので地面に付いたタイヤ痕を頼りに脇道に入り滝に到着。

本当にアバウトな案内人です。

a0242984_255965.jpg

a0242984_8265068.jpg

断崖をバックに記念撮影。 落ち口周辺の足元はまるで氷上の様に滑ります。

滝の上部の川は岩盤なので穴ボコに気を付ければ自転車でも走行可能。(あまり滑りません)

a0242984_8474472.jpg

a0242984_27146.jpg
<綺麗な青い窪み>

下を覗こうと思っても落ち口付近は苔が凄くて大変滑りやすく、

誤って滑落したら走馬灯を見るのに充分な落下時間が稼げる落差に足が前に出ません。

a0242984_829488.jpg

コンデジで撮影しながらウロウロしていたら足を滑らせて転倒。

コンデジが水没。 でも、お家でドライヤーで乾燥後復活! 良かった良かった。

でも、そこからコンデジ写真&動画がな~い。 でも複数持ってきていたのが幸いで動画は何とかなりました。

帰りはひたすら登ってきたヒルクライムがひたすらのダウンヒルというご褒美になります。

結局、走行開始10:30頃、終了17:30頃と山の中で約7時間を過ごしました。

独りで来るには気が重い場所で、また来たいと思いつつももう前回から3年も経過していたので、

今回巻き添え(同行者)が居た事で再度訪問出来て良かったです。

そして、同行者がいると動画撮影で置き撮りしなくても被写体がいるので非常に楽です。


♪ Ronny Jordan 
a0242984_2151368.jpg


もう1台のビデオ画像の結合に成功したので、動画を再更新しました。

そこで追記ですが後半にバイク洗浄を兼ねた川遊びで砂地の川底に走行が難しくてPugのタイヤのエアーを抜きましたが、

それを見ていたOTKさんが自分もとバルブに手を掛けたところ固着したバルブが根元から外れてエアーが勢いよく放出。

エアーを入れ直して問題無かったのですがこんな場面も振り返るといいエピソードですので、

今思えばパンク修理も記録しておくべきでしたが、その時にはそんな余裕は無かったです。

PPS氏の手記がUP完了にてご案内申し上げ候。
[PR]
Commented by PPS at 2012-08-20 16:18 x
動画のアップ、さらにブログの更新ありがとうございます。転倒後の集合写真の送信が、ブログに間に合わず申し訳ありません。送りましたので追加してください。
滝の上の水遊びと帰りのダウンヒルは最高でしたね。
Commented by kazu32 at 2012-08-20 22:33 x
はじめまして、ブログ楽しく拝見させてもらってます。私は江別の生まれで今は東京でPUGSLEY、MOONLANDER、1×1でアスファルトを走ってます。
素晴らしいブログ、これからも楽しみにしています。ありがとうございます。
Commented by CLUBJAZZY at 2012-08-21 09:20
to.PPS氏
ありがたく使用させて頂きます。
”MTBをMTBらしく”活用することがモットーです。
アドベンチャーバイクでまた一緒に変なコト行きましょう!
Commented by CLUBJAZZY at 2012-08-21 09:24
to.kazu32様
こんにちは、お褒め頂きありがとう御座います。
あたたかきお言葉を賜り感無量で目頭に熱いものが…。
ブログを更新する励みになります。
ぼく、褒めればやる子なんです。
Commented at 2012-08-22 21:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-22 23:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-23 23:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by CLUBJAZZY | 2012-08-20 02:08 | Comments(7)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY