長沼トレイル 調査 (動画有)

本日は別のエリアのトレイル探索、検証に行きたかったのですが、

気圧の谷が通過する為、何処も雨が避けられない本日は雨が降り出す前に

近場でまだ行った事がなかった 長沼 の調査へ。

早朝の時点ではまだカラッと晴れていますが、西から迫る雨雲で午後から雨の予報です。

朝までお仕事でしたので帰宅後仕度を整えて、通勤車輌もまばらな田舎路へ繰り出す。

車は水汲み場に駐車し、最寄の砂利道から

a0242984_002557.jpg
(水汲み場)

凄く綺麗なロード向きの舗装路を進む。

a0242984_05743.jpg


小洒落た喫茶や薪ストーブ用の薪を積む喧騒を嫌った家々を眺めながら先に進むと

a0242984_082454.jpg
(道路脇の喫茶)

左手にトレイル入り口が現れるので柵の脇から進入。
a0242984_09504.jpg
(ここも出るんだ~)

a0242984_0102629.jpg
(全体図と行程案内)

a0242984_011792.jpg

此処は斜度のキツイ登りが多数あるので頑張って乗車で登る方が大変。

距離こそ短いものの心拍を上げ過ぎないように調整するのは返って濃昼より大変じゃないですか。

タイヤは路面と噛み合うのですが、自分の呼吸が斜面と噛み合いませんでした。

トレイルサイドにフェンスがありますが、航空自衛隊長沼基地の対空ミサイルが配備されいているようです。

瀞台という最高所にて2基確認できました。

a0242984_0125792.jpg


a0242984_0131495.jpg


a0242984_012211.jpg

この瀞台からの下りは道幅も広めでなかなか面白かったです。

一度車道に出た後、道路を挟んで向かい側馬追温泉横に長官山へのトレイル入り口があります。

ここは直登とジグを繰り返して高度を稼いで行きますので、

そこそこの苦行になりますが、下りは一変して面白いトレイルですので、下りの為に登る場所ですね。

頂上には大した感動はありません。 長沼スキー場が傍にありますので見慣れた景色かな。

a0242984_0134047.jpg

道は2本あるのですが、一方は更に斜度がキツイ部分が土留め階段なので

自転車利用では一方に限られると判断し来た道を下る事にしました。

山頂で雨がパラつき出し、下山と共に本降りに、

あとは長沼温泉に寄って帰るだけなので、ずぶ濡れになっても合羽を着用せずワイルドなまま車に戻る。

長沼温泉はかなり内陸部にありながらその塩分はハンパなくかなり塩辛い。

蒸発後残留物値は20.33gなので結構高い。

帰宅前に長沼『あいちゅの家』にてチョコレートパフェを食しました。

a0242984_0302582.jpg


↓今回は観賞用というよりどんな感じかを伝える映像です

by CLUBJAZZY | 2012-07-06 00:24

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY