東千歳駐屯地創立記念行事へ輪行 (動画有)

今回はFCCの皆さんと東千歳駐屯地創立記念行事にJRを利用した輪行という形で行ってきました。

今回の出動は Gaap Street 改 です。

a0242984_1219486.jpg

進行の内容に尽きましてはPPSさんのブログにて、当方は割愛させて頂きたいと思います。

a0242984_139236.jpg

自分がやる事は動画のUPです。

東千歳駐屯地は旧米軍の ARMY ” KUMA BASE ” (現代風言い回し)の跡地で、

a0242984_1127331.jpg

停戦後、ポツダム宣言受諾後に北方領土に侵行してきた様な国から北海道を守ろうと睨みを利かせる、

国内最多の戦車部隊を有する国内最大の駐屯地です。

そんな駐屯地の観閲行進の戦車等車輌の数たるや圧巻です。

基地内の全部がパレードに参加する訳ではなく、

まだ他にも体験乗車に駆り出されているモノや、展示、カバーが掛けられて今日はお役御免のものなども多々ありました。

a0242984_11261076.jpg


ここにある沢山の兵器は専守防衛に徹するという理念の元に保有され、

外交ベタな日本の戦後の国土を他国に侵されないように睨みを利かせる大切な役目を担っているので、

そう思って見るとカッコイイとかそういう次元とは違った感慨深いものが感じられました。



現在では、北にあった脅威はむしろ南にシフトしてきています。

共産、社会主義とは本来、格差が生まれる資本主義に対して皆平等にという高い志を持つ理想国家像の筈なのに、

経済特区を創る共産国家? 意味判んない。

国の中で生じる歪を緩和しようとすると権益を守ろうとする者達によって、

なり振り構わない横暴な国家運営や、仮想敵国を作って国民の不満の捌け口にしたりします。

日本は遥か昔には進貢国だったくせに近代の戦争で屈辱を与えたのが余程腹立たしいのだろう。

でも、そんな風に弱体化させたのは西洋の国々や、清朝の腐敗政治の所為で、

日本の明治維新はそういう惨状を目の当たりにした者達によって虐げられる者になるよりも、

西洋列強の仲間に加わり虐げられる者には為りたくないという努力の賜物であります。

こんなに豊かな生活を送る事も一歩間違うと出来なかったかも知れません。

お隣の国はその体質を、大幅に改革しようと毛沢東によって共産主義国家になりましたが、

その体制のおかげで大きな回り道をして、

その長きに渡る代償が安価な労働力となり、世界の工場としてニーズを受けやっとメインストリームに踊り出てきました。

そして、金回りが良くなると持ち前の横暴さが噴出してきました。

自分が世界の中心であるという思想を持っているので周辺国は気をつけなければなりません。

他国と戦が起きる時は国の経済発展が頭打ちになって国内が荒んで来た時です。

昔だって自国の経済が飽和状態になったらヨーロッパを中心に強国が弱少国相手に植民地を作ってそこから吸い上げる事をしてきた。

今でこそ植民地支配は出来ないものの、戦争特需は経済飽和の捌け口には替わりないので、

気をつけないと世界的な金融不安に戦争が他人事ではない日が来そうな不穏な気配が…。

現にヨーロッパの市場がボロボロで、物が売れなくなってきてますから…。

益々、行使ではなく抑止する為の軍事力保有や米軍との関係性が無視できなくなると思う今日この頃です。

くわばら、くわばら。

(くわばらとは…桑畑(原)には落雷が落ちないという言い伝えから嫌なものを防ぐとされる呪文だそうです)


ちなみに アメリカの ” カーライル ” について調べると面白いですよ。 恐ろしくて…。
[PR]
by CLUBJAZZY | 2012-05-28 12:22

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY