萩の山 ~ 札幌中心部ライド 

2日で17時間の残業が終了し本日が休みとはいえ疲れて眠い。

しかし、一昨日、昨日と降り積もった雪に頑張ってスキーに行こうと早起き。

天気の降雪情報から豪雪に見舞われた岩見沢の方が条件がいいだろうと本日も萩の山へ。

しかし、自分が思っていた程条件は良くなくて、新雪はあまり無かった。

それでも午前中一杯滑りを勤しむ。

a0242984_1125253.jpg
          どう?あちきの8の字滑走跡

帰り際に管理事務所に行き、”ゲレンデの端でいいので自転車で登って下っていいでしょうか?”と訊ねると、

端ならばと、なんとOK!を貰えた。

ただし、来週からスキー授業が入ってくるので授業が終了する14:30以降が望ましいと言っていた。

リフトの使用は雰囲気から無理と判断。

それでも、大手を振ってゲレンデを走行できる許可を得る事が出来た。


帰宅後は一休みして、mixi友達の方が自主制作したTシャツを分けてもらえる事になり、

それを引き取りに札幌中心部へ。

中心部は車が多くて嫌なので、毎度ご利用する蔵の湯の駐車場に車を駐車してMOONLANDERを下ろす。

a0242984_125445.jpg

本当の中心部は歩道には全く雪がないが、

公園周辺や中心部からちょっと逸れた狭い歩道は除雪車が入れない為、ハンドメイドなトレイルが出来上がっている。

a0242984_1395429.jpg
          脱輪を許さないテクニカルな細いシングルトラックとテレビ塔

郊外に出てしまうと歩道は広くなってきちんと除雪されてしまうので、荒い除雪の歩道は最高。

融雪剤の影響で片栗粉のようになった荒れた路面で太いタイヤの真価を発揮。

a0242984_139737.jpg


目的の引き取り場所の詳細は明らかにされておらずそこを探索して見つけ出す。

a0242984_1425243.jpg

こんなところに喫茶店が…という細い路地にあるという民家の一部を開放した不思議な店。

多分隠れ家的な雰囲気を求める人の為の営利度外視の店。

品物の引取り完了後、直ぐ傍の中島公園を徘徊。

クロスカントリースキーのコースサイドやトレッキングで出来たシングルトラックをチョロチョロ。

a0242984_2384375.jpg


a0242984_2154899.jpg

公園内のメインロードはコンサートホールKITARAに向う人が沢山いた。

帰ってから誰のライブだったかを調べると盲目のピアニスト辻井伸行だった。

a0242984_157664.jpg

そうです、ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初の優勝を飾り、

合わせて現代音楽(課題曲)の最優秀演奏賞も受賞している。国際的に活躍しているピアニスト。あの人です。

大通り公園では雪祭りの雪像造りが行われておりました。

a0242984_1585439.jpg

車に戻って、夕食は地元のスープカレー屋”チュッタ”へ。

初めて座った席にあった装飾品にマトリョーシカがあったので、

遊んで、いちばん内側にオマケを入れておいた。

a0242984_22712.jpg

誰が開けるかな~♪

帰って開封したTシャツのバックプリント。

a0242984_235831.jpg

どう、分かり易くな~い?
[PR]
by CLUBJAZZY | 2012-01-18 23:55

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY