SURLY MOONLANDER 発売まで秒読み

SURLYがPUGSLEYに次ぐ新しいBig Foot BikeのMoonlander(月面走行車)がそろそろデリバリー開始になる。
a0242984_037985.jpg

現在所有しているPUGSLEYが3.8インチタイヤなのに対して

新しいMoonlanderは4.7インチ。

センチに直したらPugが9.6センチに対して12センチとなる。

タイヤ質量が重くなる為リムの部分が飛んだり跳ねたりのトライアル用のリムと同様に穴が開けられて肉抜きされている。

a0242984_036273.jpg

その部分は写真の様にチューブが盛り出す。

a0242984_0362846.jpg

SurlyのBig Footタイヤはよく出来ており、

バルーンタイプなのでエアーをパンパンに入れると中央しか接地しないので転がり抵抗は普通のMTBと大して変わらない。

a0242984_0364455.jpg

そしてグリップや衝撃吸収を求める荒地ではエアーを抜いて接地面積を広げたり、

普通のMTBのタイヤではリムがヒットしてバーストしてしまう低圧のエアー圧での使用が可能となっている。

a0242984_0172683.jpg

そんなMoonlander価格は30万円で750円のお釣り。

Pug持ってるならいらないじゃん と思われるかも知れませんが、

こいつも欲しいんです。

他の自転車を何台か処分してもいいと思える程…。

こいつともう一台気になる輩が…。

それはFortune Hanebrink !

a0242984_0224319.jpg

コヤツは全地形対応の電動モーターアシスト付きのバイシクル。多分タイヤは芝刈り機用。

NASAのエンジニアの経歴を持つHanebrink氏が製作。

最高速は時速32キロで、一回の充電で平均速度22キロで160kmも走行出来ます。

モーターも強力で600ワットですので走行も軽い、しかもロングライドが可能。

只、日本で手に入れる手段が不明なのと価格が45万円程する事がハードルを上げています。

いや~物欲が爆発しそう。


砂浜やダートをこれ程軽やかに走行できるパワーがあれば山での使用には凄く武器になるんだけどなあ。

ってゆうか秀岳荘に『噛ませ犬になるから販売して!』ってお願いしました。

どこで扱っているか分からなく、個人輸入したらクレーム効かないし、多分ムダでしょうけど…。

他にも多分サンヨーエナクルというママチャリの電動ハブに後輪は内装変速でいわゆる2WDの自転車。

電動アシストがどれ位持つかは不明だけど、電動アシスト…楽そうだなぁ。



秀岳荘によるとMoonlanderは16日に名古屋港に入港しており、関税を経てそろそろ各店舗にデリバリーされるみたい。

一度、実物を見てからかな。
[PR]
by CLUBJAZZY | 2011-12-23 00:38

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY