登別の秘湯 川又温泉へ!

登別の幌別鉱山町(1973年閉山)の林道奥にある『川又温泉』という野湯を目指して出発。

道道327号線の突き当りの鉱山町を少し過ぎたところより林道入に入る。

a0242984_2385384.jpg

林道入り口の案内板

a0242984_2391938.jpg

分岐まで車で行くと川又温泉に繋がる右側の林道が通行止めになっていた。

a0242984_2395974.jpg


a0242984_2393755.jpg

ここの近くの広場に車を駐車して自転車を降ろし、通行止めの林道に分け入って行く。

通行止め原因箇所。雨裂が深くてもろいので車では無理。

a0242984_2402359.jpg

その先に進んでいくと広場があってそこで林道は終了。

a0242984_2405077.jpg

その先は少し広めのトレイルが先へと伸びている。

少し行くと以前は標識があったのだろうという木の杭から右に伸びる細いわき道へ。

a0242984_2411781.jpg


a0242984_2422181.jpg

先へ進むと視界が開けて河原に出る。

ここからは岩場の河原伝いがある為自転車をデポする。

a0242984_2435726.jpg


a0242984_2415195.jpg


川底は滑床状になって所々白くなっている為水がとても綺麗に見える。

a0242984_2423997.jpg


a0242984_2425380.jpg
 
川渡りとトレイルを繰り返して上流へ

a0242984_2431525.jpg

そして川又温泉に到着。

a0242984_2433557.jpg

車を置いた場所から約2kmの行程。

湯温は35~37位で砂底の湯船から結構な量が湧出して川に注がれている。

周囲には僅かに硫黄臭が漂う。

早速ご馳走になる。ぬるめなのでこの時期にピッタリ。

景色も素晴らしいのでのぼせる事無く暫らく入っていられる。

a0242984_2445282.jpg

温泉をあとにした後、帰り道の看板にあった滝を見てみたくなったので

再び自転車を降ろして取り合えず三段滝目指してゲートを潜って林道に分け入る。

a0242984_2474982.jpg


a0242984_245275.jpg

林道はひたすらの登り。帰りは楽しい筈だと自分を奮い立たせて登って行く。

そして、こっちの林道の方が熊との遭遇率が高い様な気がして気持ち悪い。

随所に熊の爪痕や糞が見られる。 フレッシュな糞は割愛。

a0242984_2454950.jpg

林道の最深部に朽ちた展望台が見え、そこから木陰に滝があるのが見受けられる。

a0242984_246685.jpg


a0242984_2462617.jpg

この状態では生殺しなので下まで降りてみる事にした。

滝は大きな滑滝で綺麗なのに普段人目につかないのは大変勿体無い。

a0242984_2472143.jpg

だからこそ自分はそういうところに魅力を感じて探索しに分け入るんだけどね。

a0242984_2465075.jpg

滝から戻った時にはもう夕暮れになりかけていたので、

もう1つの不動の滝は次回へお預けとした。

今日の場所も帰るの惜しい位綺麗なトコだった…。
[PR]
Commented by りか at 2014-08-25 01:04 x
凄いですね~。よく一人で行きますね。熊の爪あとを発見しても先に進む勇気はお見事です。
Commented by CLUBJAZZY at 2014-08-26 21:42
道新の夕刊にヒグマについての連載がありましたが、1年間に熊に襲われる確率は2千分の1だそうです。(知ったのはほんの数日前)なので、山菜取りとか渓流釣りで藪の中で出くわさない限りはよっぽどの場合を除いては向こうもこっちが怖い訳ですし襲って来ることは無いと思います。 マーキングするのも無益な争いは極力避けたいから行う行為で、雑食性なので獲物が無くて空腹という事は滅多にないのでは?と思って行動してます…。
by CLUBJAZZY | 2011-09-17 23:00 | Comments(2)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY