またまた焚き火!

鵡川の道の駅に車を駐車し、

そこから気の向くまま自転車を走らせた。

今回は久々のロードバイク。

でも、これといってネタも無ければ淡々と走るだけ。

やっぱ、ロードはMTBに比べると…。

日高社台ファームの放牧スペースで柵で囲んだ木々が綺麗だったので 。

a0242984_14947100.jpg


a0242984_1525052.jpg

この自転車ブックオフで¥35,000-で買ったヤツ。

シクロクロスという現在のクロスバイクの元になった軽いオフロードを走る事を想定したロードバイク。

それに、トライアスロンで使用するパーツ(ディープカーボンホイール、DHバー、TTチェーンリング等)を組み込んでドロップハンドルをストレートバーに交換してカスタムしてある。

それはさておき、

ロードはこれといって気持ちの高揚感が無く日高門別のちょっと先で引き返す。

このあとまた焚き火をする予定だったので、そっちが気になってしまって…。

さあ、毎度ながらの勇払。

a0242984_15351100.jpg

前回(4日前)使用した焚き木の残骸が200m程度に散乱していた。

波の力によって運ばれたようだ。

今回は、前々回と同様の立てるタイプ。

長い建材を生かすにはこっちの方がいい。

でも、前回は燃焼していくに連れてバランスを崩して倒壊してしまったので、

今回は、穴を掘って主となる柱9本を固定した。

a0242984_1542167.jpg
 

a0242984_155554.jpg

誰かが立てたモニュメントにも容赦の無い魔の手が伸びる…。

a0242984_1553248.jpg
 
ありがたく使用させて頂きます。ケヶヶッ。

完成。

a0242984_1555693.jpg
 
前回の燃え残りや誰かのモニュメントを吸収してそびえ立つ巨大な塔。

a0242984_1562644.jpg

いざ点火と思ったら灯油を忘れてきた。

種火を起こそうとしても風が強すぎて全然ダメ。

結局苫小牧のセルフスタンドへ走り、

1リットル御購入。

現場へ戻って再度点火するも、今度は強風でライターが点かない。

やっとの事で点火した時には既に1時間30分も要していた。

火が廻り始めるとそこからは早い早い。

a0242984_1565186.jpg

かなりのハイペースで燃焼。

穴掘って立てた支柱は効果を発揮して、

暫らくの間その仕事をまっとうした。

美しい…美しすぎる

今回を期に只の焚き火マニアから『焚き火職人』に昇格したのでお知らせ致します。(自称)


[PR]
by CLUBJAZZY | 2011-08-12 23:00 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY