ちょっと遅めのGW活動 ① プロローグ 

a0242984_05191000.jpg

世間の皆さんから遅れる事数日。
連休が貰える事になりました。
5/13~16の4日間。
あまりにギリギリでの決定に予定も立たずどうしたものかと思案しておりました。
北海道の山岳系トレイルはまだまだ残雪が多く活動にはちと早い。
そういえば、
北海道にもルスツやニセコを皮切りに新しいMTBパークが次々誕生する機運がありますが、
本州の有名なコースがどんなものか知らないので、
1度は行って見てみたいと思っていました。

休みの日程が本決まりになったのが数日前、
有名なパークはダウンヒルで過激なところもあるだろうな、となると、
そこでもし自転車を壊してしまうとその後は『チーン!』(´・ω・`)ショボーン という状態になってしまうので、
予備も含めて2台体制。
そうなると飛行機移動では辛い。
そして宿も取ってないから車中泊出来る車で行くとフェリー運用で行く事になりますが、
船は移動時間が長く16時間とか移動に要すと中2日しか遊ぶ日がないのに、
高い運賃支払ってまで行く価値があるのか悩みました。
でも、行かないで後悔するより行った方が良いだろうと決心して船の予約及び、
予約の必要なものへの連絡を入れました。


1つ目のMTBパークは茨城県にある『高嶺MTBワールド』を選びました。
3名以上からの予約制とありますが、
日曜日なら既に予約が入って営業する様なのでそこのタイミングに合わせて潜り込みました。
そこの近くには『竜神大吊橋』という高さを味わうだけの観光目的の橋が架かっていますが、
そこから日本一の落差のバンジージャンプが味わえるとの事で、
イッテQで散々見たバンジージャンプを1度は体験したいと思ってセットで考えて申し込みをしました。
a0242984_05204808.jpg
2つ目のパークは日本のMTBパークの総本山的な長野県『富士見パノラマリゾートMTBパーク』。
ここを知らずして語れないだろうと思いました。
a0242984_05193402.jpg
行程的には、
関東の大洗に行くフェリーが都合が良かったのですがこれが2日に1回しか運航していない為、
12日発という便がありませんでした。
仕方ないので東北仙台に行く便に乗って仙台から高速道路で茨城に向かう事にしました。

12日、19:00フェリー移動(苫小牧→仙台)
13日、10時に仙台到着→竜神大吊橋(14:30予約)→袋田の滝→温泉→車中泊
14日、高嶺MTBワールド(要予約利用は3名以上から)→長野県に移動(車中泊)
15日、富士見パノラマリゾート→諏訪大社→温泉→新潟県に移動(車中泊)
16日、ローカルトレイル調査→11:45発フェリー移動(新潟→小樽)
17日、4:30小樽着、7:00仕事開始。
と、ざっとこんな予定を組んでみました。
時間があれば黒部峡谷やふじてんとかにも行きたかったんですがね。
残念ながら時間が無い訳で…。

16日はフェリー乗船が昼なので、それに間に合う様なら
長野県~新潟県の移動最中に最寄りでトレイル活動が出来そうな山を探し出しました。
今回探し出した山は新潟県の『角田山』。
低山でコースが多数ある様でどのコースも階段多数の登山道なのですが、
そのうちの1本がどうやら長尾根で階段が少ないとの事でチャリ運用出来そうな気配を感じました。
登山手記のブログの写真に載っていた看板を見ても自転車不可の表記はなさそうでした。

仙台~茨城~長野~新潟と移動は毎度250km超級。
昼間遊んで夜は移動と強行スケジュールですが、
最初と最後のフェリー内ではマッタリ出来る筈なので、
頑張って行きたいと思います。

[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-05-20 05:21 | 旅行 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY