TRAIL RIDE @ 2017/04/20 SALSA MUKLUK &BEARGREASE & BUCKSAW

a0242984_21410241.jpg


前日19日の天気が悪く20日の日は朝まで様子を伺っていました。
a0242984_21263007.jpg
朝も窓の外を覗くと時折みぞれが降る状態に、
道内のライブカメラを見て路面が乾燥していた室蘭方面での活動に直近で決めました。
a0242984_21292870.jpg
雨は無いけど、ここんところずっと風が強い日が続く。
今日は更に北風で気温も低い。
山容には雪の姿が無いので期待大。
a0242984_21323215.jpg
平日なので駐車場には函館ナンバーの車が1台だけ。
いつも通りに林道から登ります。
a0242984_21345709.jpg
今日のお供も艶ビ師匠。
平日に休みの人ってなかなか居ないし、
こういう変わった活動に積極的に付いてきてくれる人も居ないので良きトレイルパートナー。
艶ビ師匠はライディングに影響する為か基本ザックを持たないので、
お菓子やその他の荷物は持たされる事になります。
でも、こっちも大きくないトレイルザックなので流石に入らないと思ったのか、
暑くて脱いだモノを珍しく自分で背負ってました。(笑)
a0242984_21402861.jpg
ここでのライディングは2回。
登りに結構時間を要しますが、
無雪期のライドは初めてという艶ビは1回目のライドでコースを気に入り、
2回目も快諾。
当方は、1回目BEARGREASE、2回目BUCKSAW。
艶ビもMUKLUKでしたので、2人揃ってSALSAオンリーの日。
室蘭方面とはいえ、
高い方の山はまだまだ雪の白さが目立ちますので、
そちらの山々はシーズンインにはもう少し時間が掛かりそうです。
a0242984_21433586.jpg
ライディング動画は2回目の方です。
艶ビは聞くところに依るとMTBに乗ってまだ2年とか。
その割にフロントフォークもリジッドのFAT BIKEですから手にも負担がありますが、
なかなか小気味良く乗れてると思います。
本人は安全優先でスピードは出したくないとの事ですから、
パークじゃなくてあくまで登山道トレイルなので、
スピード出さずに楽しめる感性を持てる方が利用者としてはいいし、
スピードに拘らないという姿勢はいいですね。
あとは難所で足を着かないでパス出来る様にテクを身に着けたいね。
そして何より小さいのに頑張っている姿、
元気で明るくフレンドリーな姿勢はハイカーの方々の印象も良いので助かります。


ここのコースは上手くいけば全く足を着かずに下れるコースです。


流石平日、ライディング中は誰とも会わず快適でしたが、
土日のハイカーが多い日なのか? 苦言を呈されたという噂も耳にしていますので、
週末利用は避けた方が良さそうです。
現に自分も極力週末は避けていますので噂の方との遭遇はありません。






[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-04-21 21:53 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY