室蘭方面~ニセコ活③@2017.10.20~22

a0242984_03325150.jpg





湯宿活動3日目。
本日も朝風呂、朝食バイキングをしっかり堪能後から始まる一日。
今日は夜勤。
それまでには帰宅して休息を取らなければならない。
だけど、真っ直ぐ帰宅したのでは勿体ない。
そこでの登別散策。
車は宿の駐車場に置いておいても良いとの許可をもらい、
そこから、

地獄谷
大湯沼
散策路
橘湖
カルルス
天然足湯
宿(車回収)
さぎり湯(汗を流す)

という行程で徘徊。
さぎり湯の時点で13時近かったので湯上り後高速道路併用で急いで帰りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

a0242984_03025082.jpg
宿を出発地獄谷を目指す。
ここは第一滝本の駐車場付近。
a0242984_03034376.jpg
ここから階段の散策路を押し上げて大湯沼方面へ向かいます。
(車道でも行けたんですけどね)
a0242984_03053319.jpg
a0242984_03055100.jpg
火山活動は本当に良いですね~。
a0242984_03072355.jpg
日和山に登る車道からの大湯沼。
ここからまもなくのトレイルに入ります。
a0242984_03091144.jpg
a0242984_03092805.jpg
行先は橘湖を経てのカルルス温泉。
a0242984_03101375.jpg
a0242984_03103814.jpg
a0242984_03105942.jpg
a0242984_03112008.jpg
a0242984_03115042.jpg
a0242984_03121622.jpg
まあ、こんな感じのルートでした。
a0242984_03124426.jpg
高圧電線の保守ルートに合流。
a0242984_03132470.jpg
送電線保守道をちょっと進むと再び分かれてトレイルへ。
a0242984_03143513.jpg
前回は伐採作業をしており、
重機が稼働していたのでここで引き返しましたが、
今回はもう作業を終え地面も復旧整備されていました。
a0242984_03161306.jpg
橘湖との分岐。
右手側から来て真っ直ぐ伸びる左の道へ。
a0242984_03174264.jpg
その先に更に分岐。
a0242984_03181245.jpg
ここからの道は車が入れない程の荒れ様。
a0242984_03185360.jpg
a0242984_03191274.jpg
湖畔外縁に到達。
a0242984_03195587.jpg
反時計回りに半周した後に湖畔への下りに。
a0242984_03205065.jpg
湖畔は時計回りに2/3周程度。
a0242984_03222713.jpg
特に何かある訳でもない静かな湖。
a0242984_03225740.jpg
a0242984_03231425.jpg
a0242984_03233949.jpg
外縁部まで登り返してカルルスに向けて下る。
a0242984_03243135.jpg
カルルスからは車道を通って温泉街に戻る。
a0242984_03252921.jpg
a0242984_03255440.jpg
実に紅葉が綺麗。
a0242984_03262678.jpg
立ち寄りしての撮影に余念がない。
a0242984_03270524.jpg
a0242984_03272622.jpg
a0242984_03274766.jpg
a0242984_03280603.jpg
足湯に入る事はしなかった。
それはさぎり湯に行くつもりがあったから。
a0242984_03293225.jpg
a0242984_03294947.jpg
そして今回のさぎり湯も湯の華MAX状態!
湯船の底をさらうと手が泥だらけになるレベルでした。
うん。素晴らしい!

こうして2泊3日の活動は終了しました。










[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-11-08 03:33 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY