今年初?ライド無し活動 銀泉台&高原沼@2017.09.15

a0242984_22114791.jpg




今回は天気が不安定でしたのでチャリ活はお預け。
たまには両親の行動に同行しようと紅葉見物へ。
a0242984_21224478.jpg
前日まで連日の雨、ガッツリ低気圧の中、そして沖縄上空には台風。
一見天気は良さそうに見えつつ風も強くいつ雨が降り出しても不思議ではない感じ。
チャリ活を朝から諦められるそんな日。
だから、珍しく同行を選択。

明日から3連休で、そのタイミングから紅葉の名所の銀泉台&高原沼は、
渋滞緩和と環境保全からマイカー規制が入る。
そんな平日金曜日でしたが駐車場は一杯の大賑わい。
まずは赤岳の登山口を兼ねる『銀泉台』。
ここは北海道で車で訪れる事が出来るいちばん高い場所。
旭岳のロープウェイがいちばん高い訳ではなんですね~ぇ。
因みに2番目は十勝岳温泉の凌雲閣です。
a0242984_21310767.jpg
道外ナンバーが結構多い。
a0242984_21344712.jpg
車道から見たらこんな感じだけど、
駐車場から登山道を少し登ると見晴らしの良いポイントに到達できます。
a0242984_21435372.jpg
a0242984_21362723.jpg
a0242984_21360657.jpg
そんなに苦も無くアプローチできるので観光客にも人気。
a0242984_21371936.jpg
皆少しでもいい写真を撮ろうと真剣でしたね。

次に訪れたのは三国峠の手前(層雲峡側より)の『高原沼温泉』。
こちらの方が人は少なかったですが、
こちらの方は熊の生息する足場の悪い沼巡りコースを歩かなければならないので、
銀泉台程容易ではないので訪れる人もむこう程多くなかったですね。
でも、紅葉を見るプロセス的にもこっちの方が自分には魅力的でした。
a0242984_21433131.jpg
熊の出没状況を絶えずリアルタイムで監視しています。
a0242984_21441593.jpg
管理小屋にある剥製。
小熊の剥製は珍しいね。
a0242984_21471933.jpg
a0242984_21473613.jpg
登山と言う程大変ではなく、
手軽に自然散策が出来、景色も良いのでお薦め!
コースの模様を少し画像で紹介します。
a0242984_21495815.jpg
a0242984_21501758.jpg
a0242984_21505394.jpg
a0242984_21512203.jpg
a0242984_21521254.jpg
足元はぬかるんでいるので長靴がお薦めです。
a0242984_21530490.jpg

a0242984_21532447.jpg
小学生が遠足に来ていました。
a0242984_21540449.jpg
a0242984_21543966.jpg
a0242984_21551617.jpg
a0242984_21561178.jpg
a0242984_21564701.jpg
a0242984_21573129.jpg
a0242984_21580559.jpg
a0242984_21592601.jpg
無風で鏡状態の好条件
a0242984_22000038.jpg
紅葉の雰囲気は圧倒的!
花より団子的な植物にさして興味のない自分でも、
風景として眺めるとその迫力には圧倒されました。
ここは定期的に訪れたい場所。
しかも温泉もあるから最高!
a0242984_22021530.jpg
a0242984_22024156.jpg
a0242984_22035247.jpg
こちらの湯もph値2.83ですから強酸泉ですね。
濁り湯の割に蒸発後残留物の値は低い。
たぶん酸化して白濁するのかな?
内湯の底を掻き回すとモワモワするので湯の華はありますね。

と、いう事でお薦めのスポットとしての紹介でした。













[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-10-12 08:59 | 旅行 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY