旭岳でバックカントリースクートにチャレンジ!   2017/03/31

a0242984_10363577.jpg




登別方面に記録的降雪があったものの周辺ゲレンデにはそれ程の降雪が無かったのでゲレンデをやめて、
天気が良さげな予報の上川方面でバックカントリースクート活動をする事に決め、
折角パウダーボードをお試しで借りている同じく金曜休みだった艶ビを連れて旭岳へ。
a0242984_10400825.jpg
a0242984_10404895.jpg
a0242984_10352002.jpg
登りはじめは風速5mで黙っていると肌寒いが快晴。
噴煙に覆われると濃い硫黄臭にテンションUP!
a0242984_10414394.jpg
a0242984_10420492.jpg
6合目付近を過ぎると雲に覆われ降雪があり視界が不明瞭に。
但し風は微風。
a0242984_10422563.jpg
斜度が急で雪の付きが悪く岩肌が露出。
視界不良で下れるか心配でしたがそれ以外の条件が穏やかだったので前進。
a0242984_10431210.jpg
9合目付近で雲が開け急な斜面の下に雲海と絶景が広がりました。
風はその後もほぼ無風に陽が射して暖かく天国の様な穏やかさ。
a0242984_10435567.jpg
アルペン用のスノーシューじゃないから急な傾斜では心許ない。
だからハイハイ。
a0242984_10445052.jpg
a0242984_10451056.jpg
一度は視界不良で不安になったが故、感動はひとしお。
登り始めたのが遅く山頂到着は15:30過ぎで下り開始は16:00。
a0242984_10461058.jpg
人生で2度目のバックカントリーでいきなり登り行程3時間の北海道最高峰(笑)
流石に頂上直下でへばってました。
でも、少し休んだら回復した様です。
a0242984_10485133.jpg
陽が長くなってまだまだ明るい。
下りは北斜面を選択したが高度が高い故のクラストとセミディープパウダーが入り乱れ。
a0242984_10491473.jpg
慣れないクラストとパウダーの入り乱れ状態に、
必死にコントロールしようとして左手に力が入り握力が辛いと言っていました。
a0242984_10490246.jpg
少し下ると風の影響が少ない部分から快適な斜面が広がるが、あっという間に終わってしまった。
でも、今日の天候は本当にサイコーでした。
a0242984_10492474.jpg
ゲレンデじゃなくてこちらを選択して正解。
山麓のスキー場の方はもう雪質がダメダメ状態。
もうノートラック部分はクラスト状態で舵の効きも悪くもうザラメ化するまでしばし悪条件かな。
もう少し融けてザラメにならないとね。
a0242984_10501236.jpg
前回の旭岳では美瑛に食事出来るところが無いと思ってスルーしたけど、
良い店ありました。
a0242984_10514167.jpg
a0242984_10522836.jpg
a0242984_10521482.jpg



[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-04-03 10:53 | 滑板系(スキー、スクート) | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY