旭岳でスクート活動

a0242984_05234888.jpg






3/19(日)旭岳は連休中日という事もあってか、
パウダーギアの品評会かという位に多彩なパウダー板が集結する状態にあっという間に喰い尽される始末でした。

旭岳に行くには3時間近くの時間を要しますので、
パウダー目当てなら喰い尽されない時間を目掛けての出発となり、
6時発で桂沢湖~富良野方面経由で向かいました。
a0242984_04513813.jpg
道中の三段滝はまだ雪深くミルフィーユ状態。
雪解けが進めば水量が増して濁流と化すのでしょうね。
a0242984_04571894.jpg
a0242984_04584810.jpg
(忠別湖からの旭岳 何も見えず)

現地に到着すると駐車場はもう既にどこが空いているかな~状態で、
ロープウェイも長蛇の列。
a0242984_05010274.jpg
運送方法がロープウェイだけだから乗れなかったら黙って更に20分待ちに、
皆方々にばらけないからいつまでも同じだけの人が戻って来る。
里の雪質劣化に人が集中状態。
いくら雪質が良くてもちょっと人口密度が許容範囲を超えてる。
ロープウェイに乗るのに40分待ち、
乗っている間も満員電車状態、
そして滑って…と、座る暇なし。
a0242984_05014408.jpg
13時位まで1回約1000mの”緩”急織り交ざるコースを滑るのに要する時間が1時間…。
13時過ぎたら少しずつ人が減りはじめ、
ラスト2本の時には全員が着座出来る程に。
a0242984_05024913.jpg
9時半から17時の営業終了までぶっ続けでよく脚が持ったと思いました。
並ぶ時間が長かったから当然食事も摂りませんでした。
始めのうちは良質なパウダーがコース内にも沢山残っていましたし、
慣れたグループの後に追従して未開拓ポイントに行ったりして堪能していました。
a0242984_05112668.jpg
しかし人口過密状態+皆パウダー狙いという状態にあっという間にボロボロ。

最初のうちは山麓ロープウェイ乗り場の建物からはみ出る列のあまりの激混みに、
3回も滑ったら一日券だけど放棄し、
道具は車載してあるので山頂に向けてバックカントリーでもしに行こうかと考えましたが、
前日風速13mで、本日でも9mあり、
しかもガスっていたので様子を伺っていましたが好転する事なしに終わりました。
a0242984_05040853.jpg
スクートが思いの外多い事にびっくり。
たぶん15人近く居たと思う。
数年振りのハイシーズン旭岳でしたが結構心折れかけましたw
そこにはパウダーがあり、毎回喰った筈なのにこの不完全燃焼感は…。
a0242984_05060283.jpg
一度小さめの雪庇を踏み抜いた時は面白かったです。

次回来る時はやっぱりバックカントリー@北斜面ですな。

旭岳で食事していなかったので、
帰路どっかで食べようと思ってもどこも開いておらず、
結局上富良野までお預け。
a0242984_05214019.jpg
a0242984_05215248.jpg
時間が微妙だったので、
珍しく温泉には立ち寄らずに帰りました。




[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-03-26 05:23 | 滑板系(スキー、スクート) | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY