3泊♨宿泊湯治的な活動 ④ 2017.03.05~08

2日間チャリ活したので、
本日は滑り板活動と考えていました。
でも、ここは雪の少ない室蘭に近い北湯沢。
雪質に期待が出来そうにありません。
ここから近いのはルスツなので、
スクートが利用可能かの確認の電話のついでに雪質とゲレンデコンディションを尋ねました。
すると、『最近新たな降雪が無いですから、固いです。部分的にアイスバーン』との事でした。
期待できないコンディションなら無理してゲレンデに行く必要も無いと考えていたところ、
宿のエレベーターホールの窓から見えた斜面がなんだか良さげに見えました。
そこでその斜面に向かいました。
a0242984_00130295.jpg
近づくとやっぱり何だか滑れそうなのでスクートを上げて滑ってみる事にしました。
スノボー用のザックを用いて初めて背負うスタイルに挑戦。
a0242984_00111655.jpg
雪質はザラメ手前の湿雪気味。
スノーシューで沈む事無くサクサク登れました。
a0242984_00144426.jpg
下から見えていた場所まで登ると更に右手に巻いて更に登りが続いている様でしたので、
更に進んだところ、
なんと朽ちたリフト降り場が見えてきました。
a0242984_00165503.jpg
って事は元はスキー場なのか!? 通りで樹が少なくて滑り易そうな斜面に見える訳だぁ。
a0242984_00182930.jpg
更に続く斜面を登り切りもう1台のリフト降り場へ。
ここが最高点だと思われる場所に到着したのでスクートを降ろします。
a0242984_00214147.jpg
リフト降り場の板はかなり朽ちていたので近寄るのはやめて下りへ。
廃業してから成長したのか営業時には初心者には邪魔そうな大きくない樹が多かったですね。
下って来てどうしようか考え、
ダメ元でここから35分程度で行けるルスツに行ってみる事にしました。
すると下から見ているだけでも薄っすらと新雪が降った跡が見受けられました。
いちばん短い時間券が4時間なのでそれを購入。
a0242984_00303506.jpg
このスキー場はサイドカントリーが結構広いのでまだ多少残されたパウダーを喰う事が出来ました。
先ほどの北湯沢とは雪質が異なり、
まだまだハイシーズンの雪質!
a0242984_00325402.jpg
時間一杯まで滑りを楽しみました。

(ゴンドラに貼ってあったステッカーが面白かった)
a0242984_00342669.jpg
ハワイアン航空のパロディーとか、
a0242984_00362047.jpg
a0242984_00363772.jpg
a0242984_00365617.jpg
何だかほっこりしました。

そして今日の宿泊地の洞爺湖へ移動しました。
本日の宿は北湯沢の『緑の風』と同じ経営の『乃の風』へ。
a0242984_00400598.jpg
ここは初めて来ましたがコンセプトは露天も部屋も展望がひらけ、
湖面との繋がりを感じる宿でした。













[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-03-17 00:41 | 滑板系(スキー、スクート) | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY