ニセコ方面探索ライド@2017.06.23~24 ③

a0242984_08000155.jpg







虻田の道の駅で一夜を明かし、
翌日は5:00に登山口へ。
早朝から登っている人が居るかと思いきや誰もおらず。
a0242984_07365823.jpg
いつも通りに林道からアプローチ。
すると右側の茂みの草に何か横たわった痕跡がありました。
その面積からすると紛れもなくヤツです。
a0242984_07413455.jpg
周囲の蕗も喰われている痕跡がありました。
潰れている草の面積からするとなかなかのサイズ感です。
a0242984_07441874.jpg
結構新しそうなので近くに居るかも知れないので注意を払います。
プリシラ・アンとかボサノバ系のBGMを流しながら登っていましたので、
そんなユルフワ系の音楽につられて出てきやがったら、
デスメタルのダミ声で威嚇してやるつもりでしたが結局現れず(笑)
途中からショートして下るコース側を登りましたが、
朝露に濡れる草にカタツムリが多数居たので復路に踏まぬ様脇に移動させながら山頂部到着6時。

霧に覆われ何も見えず。
a0242984_07481409.jpg
風も弱く穏やかです。
清々しい空気も朝活!って感じ満載。

そんなに時間に余裕がある訳でもないし、
そのうちハイカーも登って来そうなので下ります。
a0242984_07553510.jpg
a0242984_07590644.jpg
下ってもまだ6時台なのでもう一本お代わりする事にしました。
頂上からじゃなくて中腹から。
a0242984_08025105.jpg
そして2本嗜んだあとは、
昨日入れなかった硫黄泉を求めて登別温泉に向かいます。

『花鐘亭はなや』が硫黄が濃いと聞いていたのでそちらにしたいと思っていましたが、
日帰り入浴が11時からと早く帰宅しなければならない身としてはちと遅い。
それで、やっぱり朝は7時から営業しているいつもの『さぎり湯』へ。
a0242984_08081700.jpg
道新のぶんぶんクラブカード提示で350円で入れます。
a0242984_08091390.jpg
他の浴場が1000円以上しますからとてもリーズナブル。

んで、今回の泉質は過去最高!!!
浴槽の底に沈殿している湯の華の量が半端ない!
底に着いた体の部分が灰色になったまま浴場内を移動しているんじゃないだろうか?
と、錯覚する位に濃かったです。
水風呂に入る時も流さないと少し濁りが出るくらいに…。

(証拠画像だけ撮りました)
a0242984_08150689.jpg
そしてオロフレから自分が好きな道の276号線を通り、
恵庭でランチ。
ステーキ宮に入ってみました。
最近ダイエット中で炭水化物を控えているのでライスを注文しないから、
少し良い肉にしてみましたが自分の好みの焼き方をお願いしてもやって貰えず残念。
ステーキは自分で買って焼くのがいちばん納得出来ますね。
a0242984_08202625.jpg
そして帰宅という活動でした。


END






[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-07-04 08:22 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY