サムズダートでPさんのP3を借りて…@2017.05.19

a0242984_20395871.jpg





千歳川川下りの帰りにサムズダートに寄りました。
そうすると、こちらで過ごしていたであろうPさんが何やら舗装路でウロウロしていたので尋ねると、
帰る前にタイヤの汚れをクリーニングしていたのだとか。
自分のチャリを降ろして走行するけどサドルが高くておケツにサドルが当たって怖い!
自分の持つマウンテン系チャリは全て登りを想定したドロッパー装着のオールマウンテン仕様なので、
簡単にシートポストを引っこ抜いてのサドルレスにも出来ませんので、
サドルが極端に低いプレイバイク的なチャリがありません。
折角クリーニングした自転車に『乗ってみますか?』との申し出。
PさんのスペシャP3を借りて乗る機会に恵まれました。
ジャンプしたりトリックをキメたりこういう場所で操る事に特化した自転車。
シングルスピードに座る事を考えていない天を仰ぐ様な傾斜のついたサドル。
失敗するとお尻に”ぶすっ!”と刺さりそう…(そんな訳ない)

いちばん基本的な場所で数回トライするけど飛距離が不足でリアタイヤがテーブル上に着地。
跳べる人のパンプの部分で行う加速のリズムを動画で見ても、
速度が速くなってプッシュが忙しいという風には見えないので、
ある程度の加速とあとは伸びあがる前の溜めを開放するタイミングと姿勢なのだろうと思いました。
何度か挑戦してみて飛距離は延びて来ましたが、
踏み切りか着地前にバランスを崩して安定しないという感じでした。
向こう側のスロープまで届かせるとやっぱりどこかバランスを崩しているのだと思います。
この辺は追々…って、そうなったらまたチャリが増えるじゃないですか!
うーん。暫く考えさせて下さい。

その後飛んでばかりも集中力が消耗して危険になるので、
ロールなる技の真似事を練習。
要はテーブルの上で漕がないウイリー(マニュアル)をする的な。
技の名前もこの時教えて貰いました程度のレベル…。
YOUTUBE動画で上手い人とかはこれを使ってぐんぐん加速とかする様ですが、
まだまだ見よう見真似で中身が全く伴わず(笑)

最後の方でめくれ上がってスパーマンスタイルで着地。
どうやってぶつけたか不明ですが左の踵が痛い痛い!
a0242984_20413670.jpg
a0242984_20422574.jpg
ごめんね~Pさん。チャリこかして!
現在もまだ痛みは続いていますが、
自分の見立てでは『踵骨不顕性骨折』ではないだろうかと思います。
レントゲンには写らない程度の骨折ながら2~3週間後に撮影すると治って骨密度が増していて気が付くという程度の症状。
a0242984_20371456.jpg
まあ、僅かな内出血も見えますがこれじゃないかと。
踵を着かなければ問題ないのでそのまま自然治癒を待ちますが、...
これがね~ペダリングに問題ないからチャリは乗れちゃうし、
歩くのも爪先で歩けばハムストリングがパンパンになるけど取り敢えず歩ける。
ジャンプとか派手なアクションのものはやっぱり怖い!怖い!(笑)








[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-06-09 20:43 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY