パウダーボードゲレンデで試し乗り

a0242984_23054255.jpg




日曜日に最寄りのH山スキー場へ。
ここのところやっぱりまとまった降雪が無いものの、
前日に僅かに降った様なので藁にでも縋る思いで出動。
借りているスクート用のパウダーボードをゲレンデで試す機会に乏しいので、
返却する前にゲレンデでしっかりと乗って体感したい訳だす。
a0242984_23042709.jpg
スタートが遅くいつもパウダーライドをする斜面は週末日曜日、前日も土曜という事もありかなり喰われてました。
それでも無いよりマシと何度かこの斜面を滑ったり、ゲレンデに残された僅かなパウダーを貪っていました。
a0242984_23172429.jpg
しかし、ある時、手付かずのバーンがある事に気が付きました。
そこはリフト降り場から200m程徒歩でアプローチしなければならず、
脚に板を履いた者たちが面倒がって踏み入らない場所でした。
a0242984_23192459.jpg
人と違う事をする為に多少の苦労は伴いますが、
普段山チャリ活動や山スキーで麓から登る事に比べればリフトで殆ど運んでくれるだけでもありがたい。
このちょっとをアプローチするだけで、
ゲレンデのパウダーを喰らい尽くした連中が疎遠したパラダイスに踏み入る事が出来るのですから。
a0242984_23250638.jpg
そこにはまだ未開のパウダーが存在しました。
それからというものずぅーとこのコースに入り浸り。
a0242984_23262483.jpg
やっぱり機材ですね。
今まで自分のスクートではパウダーライドが難しく悩んでいました、というか少し興覚め気味でしたが、
こんなに容易にパウダーライドが出来るなんて!
一気に目の前の靄が晴れた気分です。
券の有効時間一杯までパウダーライドを楽しみ、
帰路温泉に寄って板を返却しに行きました。
a0242984_23335914.jpg










[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-02-22 23:35 | 滑板系(スキー、スクート) | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY