FAT BIKE SNOW DOWN HILL @ T勝岳連峰S段山 2017.01.19

a0242984_00334039.jpg



前日に山スキーに来て、このコンディションならチャリ乗れるのでは?と思い、いてもたっても居られず実行に移しました。
状態がわかっていて今だ!という条件はそう簡単にやってこないので、
チャンスがあるならその時にやっておかないと今度いつこんなコンディションがあるか分からないから。
ちょっとした降雪が1度でもあるとどう変化するか想像もつかない。
今年の冬は12月にドカ雪があって以来あまりまとまった降雪が無くて滑り板活動的には雪不足状態。
すり鉢状の吹き溜まり以外は吹き曝しで形成されたアイスバーン層の上に薄いパウダー層を纏っている。
この状態ならタイヤは転がるっ!とね。
a0242984_00424449.jpg
辿る山スキーでの踏み跡はほど良く締まりそのままでも沈む事無く歩行できそうだけど、
白銀荘でスノーシューを500円で貸出ししているので保険のつもりで借りました。
昨日は風があったが、本日は雪は降っているものの無風で穏やかな時間が流れる。
スキーによる踏み跡は狭くチャリと平行に移動が出来ない。
a0242984_00440675.jpg
だから脇の雪が浅い時には外を歩き、深い時には前輪だけ転がしながらリアを持ち上げたり、担いだりしながら前進。
そうなるとスノーシューが活躍しました。
a0242984_00511037.jpg
森林限界を抜けたあたり。
樹の姿に自然の厳しさを感じます。
a0242984_00531791.jpg
昨日は薄曇りに風がありこの辺りから肌寒くなりましたが、
本日は降雪こそあるものの無風で穏やか時間が流れます。
景色が霞んで良くないだけが残念。
a0242984_00535897.jpg
それでもうっすらと陽が射してきて明るくなってきました。
昨日はそこそこ人を見かけたのですが本日は凄く少ない。
a0242984_00563303.jpg
淡々と登っていたところ、
遠くから『〇〇〇さーん!?』と当方を呼ぶ声が聞こえました。
すると下ってきたボーダーが近寄って来ました。
こんなところに誰かしら?と思ったら、
札幌の自転車SHOPの方でした。
a0242984_01004382.jpg
『よく分かりましたね?』と尋ねると、
こんなところに自転車持って来る人なんかあなた位なもんだ!という返答でした。(笑)
別れを告げて行程を進めましたが、
前日に感じた通りに山頂直下の登りは斜度がありチャリを連れたままでは、
数歩前進するにも時間を要する様になり、
この先登り切ったとしても乗車で下れるのか疑問であったので素直に諦める事にしました。
ここまで来たというランドマーク的なものが周囲に乏しく、
山頂標識の前で撮影するという希望は叶わなかったのが残念ですが気持ちを切り替えます。
a0242984_01090281.jpg
その頃には雪が止み、陽が射し始めました。
a0242984_01082385.jpg
あとは楽しく下るだけです。
滑り板活動する人は少しでもディープなパウダーを求めてすり鉢に行きますので、
ノートラックなバーンが残っておりそちらを堪能出来ました。
a0242984_01162430.jpg
この感じこそFAT乗りが憧れるシーンだろうと噛み締めながらのダウンヒルは天候回復で景色も良くなり想像以上に爽快。
a0242984_01175088.jpg
ルート変更で斜行する際にはバーンの上の積雪もろとも滑る事もありましたし、
特に雪の下がハイマツ帯の部分は雪の下に空洞があっていきなり踏み抜くのでそこだけ慎重に行動しましたが、
それでも不意にフロントホイールが沈み込んでの強制射出も3回程ありました。
ふかふかパウダーのお陰でちっとも痛くないし、
斜度が急で乗車できないところは尻滑り。
a0242984_00391897.jpg
登りは苦労したけどご褒美がこれだけ楽しいとまたやりたくなるだろうなぁ。
苦労した記憶は薄れるの早いから…。
お約束のターン走行でのシュプールも刻みました。
a0242984_01184911.jpg
下り切り、前日の温泉浴は白銀荘でしたので本日は凌雲閣かな~と移動を始め、
野湯の吹上露天の湯の前を通りかかると無人だったのでBGM流しながら独り占め。
a0242984_01242518.jpg
a0242984_01252323.jpg
a0242984_01254108.jpg
暫くして欧米女性が3人来ましたが物怖じする事なくスッポンポンな姿にこっちが恐縮してしまいました。(´Д`)
その後遅めのランチでラーメン食べて帰路につきました。
a0242984_01283498.jpg
a0242984_02204111.jpg

a0242984_02211621.jpg


やっとROCKY MOUNTAIN BLIZZARDのPVみたいな事が出来たかな?っと。
a0242984_02303218.jpg

なんてね。


[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-01-21 02:23 | トレイルライド | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY