Gaap改 Road仕様 モデファイ完了

a0242984_05210585.jpg





Gaap改 Road仕様 モデファイ完了。
リムのステッカー貼り直しから突如浮上した計画。
ドロップハンドル用のSTIレバーを触角ちょろりの7800DURAから、
見た目シンプルな7900DURAへ。
カンパが触角を無くした時にはもう羨ましくて羨ましくて。
でも、その後シマノも触角無くしたけど当時はやっぱり高価で買い替えに躊躇してました。
バイクがトータルでDURAで組まれているのにレバーだけアルテグラというのもちょっと…。
そしてFAT活動が活発化しているうちに気が付いたら7900DURAは既に型落ちして中古価格も手頃になってましたのでGET。
ST-9000と比較してもペアで14gしか変わりませんからまだまだ現役でしょう。
このGaapは10速仕様ですからお手軽に触角削除なら11速9000シリーズは要らんのです。

今までの7800DURAをちょっとオークションで見ると意外に高値で驚きました。
傷だらけでボロボロなのに23,000円とか…
ちょっと古めのバイクとかクロモリバイクをメタルチックに仕上げる為に需要があるのかしら?
7900以降はカーボンバイクとか意識して黒っぽいデザインになったからね。
値段付くなら7800DURA STIは売っ払っちまおうかしら。

そしてハンドルもこの際エアロバーに交換。
a0242984_05543946.jpg
色々見比べてお財布の中身と見た目でEASTONのカーボンにしました。
エアロ形状で扁平ですが思ったよりも握りは良さそうです。
バーテープは絶版のSILVAのメタルです。
フレーム後方のポリッシュと合わせましたがグリップ感は悪いです。
あくまで見た目重視。
もう市場に殆ど無いのであるうちに予備も探し出して入手しておきました。
a0242984_06011732.jpg
テープの巻き方もエアロバーを生かした今風の巻き方での施工をショップにお願いしました。

あとはブレーキキャリパーを交換。
今まではAvidのBB7Roadですから効きには不満は無かったのですが、
シルバーと赤のデザインがどうも浮いていたので性能よりも統一感が欲しくてシマノのメカニカルにしました。
a0242984_06052434.jpg

この丸いところが寂しいので、
後でこのバイクを現す漢字一文字のステッカーでも貼ってやろうかな(笑)。
サドルは現在のヤツがお気に入りだったのに廃版で入手叶わず。
仕方ないので同メーカーfi’zi:kのARIONEをストックしましたが、pare'HPをもう少し使いたいと思います。
a0242984_06141942.jpg
あと、残るはステムとタイヤ。
以前はボントレガーのカーボンが入ってましたが自分にはちょっと長くてハンドルが遠かったので、
現在はTOMSONで代用しています。
ステムも調べてみましたがロード用で良いなと思うステムは高価で、
安価なものはどれもイマイチ。
ならばMTB規格混在だしMTBのステムから選んでやろうかと。
いま現在の候補はこれ、
a0242984_06532277.jpg
レタリングがオサレでオレンジのカラーがヘッドパーツと合いそうかと。。。
タイヤはWO20インチ(451)規格ではドイツブランドのシュワルベ ”1” かな。
ちょっと高いけど高圧対応(11気圧)なので転がりが軽いらしい。
ホワイトストライプでいいな。
a0242984_06485150.jpg



先日チャリカタログ2017を貰いまして一目惚れしたのは、
ternの小径車でした。
a0242984_06173812.jpg

どうやら自分にはフルサイズ(700c)よりも小径ロードの方が魅力的に写る様です。
a0242984_06225294.jpg
a0242984_06204630.jpg
物欲がそそられましたが、
そこはぐっ!と、我慢です。












[PR]
by CLUBJAZZY | 2017-01-14 06:30 | カスタム日記 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY