KOGA SNOW CHAMP が仲間入り!

冬に手稲前田公園で行われた試乗会で乗ることができたKOGA SNOW CHAMP。
a0242984_01251879.jpg
個人所有車両で、

その時のフィーリングが良く、もし手放す事があったら声を掛けてとラブコールを送っていたのですが、

その方の車両入れ替えのタイミングでウチに嫁いで来る事になりました。

マウンテンドロップを装着している姿のFAT BIKEなんてこれ位なもんです。

圧雪の長距離、耐久雪上レースに的を絞ったレースバイクの様です。
a0242984_02044193.jpg
引き取って来て乗ってみた感じの印象は兎に角デカいという事。

試乗会の時には然程気にならなかったのに…。

これはステムを短いモノにして、サドルも前方に寄せてやる必要がありそうです。

今のままではまるで黒王にでも跨っているかの様。
a0242984_01310889.jpg
もともとKOGAの名を冠したバイクを持っていましたのでKOGAのバイクはこれで2台目になります。
a0242984_01324981.jpg
現状で手の入っている部分はリムがカーボン製に交換されているのと、

バーテープが交換されている、各フレーム ダボ穴 ボルトがカラードになっている程度ですので、

今後、愛着を持って接する儀式を行って行きたいと思います。

まず、車体が大きく感じた要因は、普通のストレートハンドルのFAT BIKEと同じだけトップチューブ長が長い事。

同じMサイズ同士で測定してもほぼ同じ長さ。 

それにロード用並みに長いステムの先にドロップでは流石にポジションが遠い。

通常ロードのトップチューブはMTBよりも短いものですから、

MTBと同じトップチューブ長なのはまるで初めの企画はフラットバーだったのでは? とすら思われます。

なので、純正ステムは折角『KOGA』の表記がある事ですし、もう一台のバイクに搭載。

こちらにはRACEFACEのショートステムを取り付けてハンドルを引き寄せました。

後に試乗会の時にはショートステムだった事が判明。

前オーナーは背の高い人だったにも係わらずそれでもショートステムにしていた位ですから…やっぱり遠い筈です。

シートも近付ける為、アジャスタブル取り付けで余っていたROCKY MOUNTAIN BLIZZARD純正ポストの方が、

前方に寄るヤグラ形状だったので交換。

あとは、XONのカラードディスクブレーキローター、KCNCステム、バルブ、チェーンリングボルトを交換。

バーテープも交換しますが、後にシフターワイヤーがちょろりしているシフターを

バーテープ巻き込み式の新しいタイプに交換する予定なので自分で施術。

慣れないから汚らしいけど、カモフラージュ柄は汚い巻き方をもカモフラージュしてくれる様です。(笑)
a0242984_01533401.jpg
あと、フレームのデザインには骸骨がプリントされていておどろおどろしいので、
a0242984_01561147.jpg
こちらのバイクに薄目のパッドサドルを取り付け。
a0242984_01563543.jpg
そろそろハロウィーンの時期なのでジャックオーランタンでもぶら下げておきます。

次はブレーキを油圧にするかどうか? リアD、スプロケをMTBのワイドレンジ対応にするか?

等で仕様が変ってくるのでその辺を考えながらカスタムプランを練りたいと思います。













[PR]
Commented by fukai at 2016-11-13 19:38 x
ファットバイクが欲しくなって色々調べてましたら、こちらにお邪魔しちゃいました。転勤が多く、実店舗で購入しお世話になる事が出来ない為、価格重視で通販を利用したいと思ったのですが、ロードに比べると極端に通販少ないのですね。CLUBJAZZY様も実店舗で購入されたのでしょうか?予算25万以内で雪道走りたいのですが、オススメのバイクありますでしょうか?ちなみに当方登別なので、あんまり雪降らないんでアレなんですが…(笑)
気が向いたらご解答お願いします~
Commented by CLUBJAZZY at 2016-11-15 09:02
> fukaiさん
当方の車両は実店舗で購入しております。 自分の手であれこれ整備する能力ないものですから…w  FATの選定には色々と使い道に応じた特色があるのですが、最近はMTBの延長線上でトレイルを走行する事に焦点を絞った論議が多くされている様です。だからリアセンターが短い方が良いとか、フロントサスが必要だとか…。何台か所有していますが、それぞれに特色があり、使い道によって性格の違いこそありますが、これがダメっていう事はよっぽどな事が無い限りはありません。例えばカーボンバイクですが、軽さは正義、振動吸収性が良いとされますが、当方のイメージとしては、軽さが際立って地面の細かい凹凸にもいちいち反応して固いバイクに感じます。そして何だかプラスチック製のバイクにでも乗っている様な感じです。アルミのロッキーマウンテンは5インチクラスのタイヤを履けるフロントサス付きですが、タイヤが太く軽快感が弱く、突破力は強い傾向にあります。どういう目的で使用するかビジョンがはっきりするとその使用目的に応じた車体が選定出来ると思います。 お薦めのバイクに関しては、2017モデルから価格破壊というか一部メーカーからリリースされてきています。そこでお薦めはKONA WOHOが25萬圓以下で、10萬圓するフロントサス装備してます。 あとはSALSA BEARGREASE CARBON もいきなり40萬圓近かったのに26萬圓位までプライスダウンしているので驚きました!
Commented by fukai at 2016-11-17 04:36 x
お返事ありがとうございます!実店舗購入なんですね。となると、恐らく在庫抱えてる店舗以外は注文して暫く納品まで待つ感じでしょうか?
まだまだ調査・勉強中なんですが、それぞれのバイクの特色・方向性はあるみたいですね。当方はロード乗りなんですが、MTBやFATは全くの素人なのですが、カーボンFATの説明は分かり易くて有難いです!ロードでもクロモリとカーボンで比較したのと同じ感じでなんですね。
今の所使用目的は雪道と階段などの段差、夏まで北海道に居れれば山道を・・・。なんて、ちょっと曖昧な目的なんです。そう考えると突破性能に特化したモデルが良さそうですかね。今まではトレックカッコいいなー、KOGA変わった感じでイケてるなー、なんて感じでモヤモヤしてたのですが、今回教えて頂いたKONA・SALSAでまたまた迷路突入ですwww。価格破壊・コスパ、最も私がグラグラする魔法のワードです。
もう少し自分で色々調べてみて、どうしても不明な点が出たらまたお世話になりたいと思います。その際はどうぞ宜しくお願い致します。
ちなみに余談ですが、たまたま当初はCLUBJAZZY様の動画で「おぉFATスゲーな」って所から始まりFATの世界に興味を持った次第ですww。ロード乗りは冬は三本ローラーでハムスター状態ですので、何か外で楽しめる事ないかな?って動機でした。YouTubeは登録済みです。新動画期待してます!沖縄編面白かったです。
Commented by CLUBJAZZY at 2016-11-17 23:16
ありがとう御座います。
当方もFAT BIKE入手するまではブログやろうとは思わなかったのですが、当時イロモノ扱いされていたのに実際に乗ってみるとその汎用性の高さに驚き、
少しでも自転車乗りの人たちにこんな外見なのに使えるバイクだよって事を広めてみようと思ったのが始まりです。
何せほかのバイクではありえないくらいに人に声かけられます。ひとつのコミュニケーションツールでもあると思っております。
あまりに乗っている人が多くない今だからこそ注目を集めますし乗って損は無いですよ~w
あと、在庫の件ですが、KONAのWOHOは全国的に注目を集めているらしく品薄との事。メーカー在庫なし。でも、この前札幌の白石秀岳荘に実車在庫してありました。
SALSAは16年モデルなら直ぐに手配購入可能ですが、17モデルの値落ちが半端ないので(約10萬圓)2月以降の納車でよければSALSAもありかと。
SURLY ICE~は17モデルイエローが同店に入荷していましたね。こちらも16年のスカイブルーに比べて値下がりしてます。
あとは、スペシャとかTREKですよね。
当方も本当はTREKのファーリーEXを狙っていたのですが、TREK JAPANが取り扱わないとの事で断念しました。
悩んでいる間がとても楽しいので散々悩んで楽しんで下さいw
Commented by CLUBJAZZY at 2016-11-29 23:56
ごめんなさいキャニオンのってネット直接販売ですよね。 興味を持って調べていないので不明です。申し訳ないです。
Commented by CLUBJAZZY at 2016-12-02 01:10
当方が予約しているSALSAのバイクはもう4か月前に予約依頼しているのに入荷は2月過ぎだそうです…。 待ちくたびれますw
Commented at 2016-12-08 05:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by CLUBJAZZY | 2016-10-01 01:59 | カスタム日記 | Comments(7)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY