カーボンリムでホイール仕立てちゃったの巻

熊炭こと SALSA BEARGREASE CARBON のホイールを模様替え。

FaceBookのFATBIKEコミュニティーの方が海外から炭素リムを取り寄せるので、

ついでに如何ですか? というお誘いがありまして、

ひと口お願いした所存であります。

a0242984_13502367.jpg

最近ポンポンとたて続けに車両購入とカスタムが続いて自制しないといけないと思いつつ、

このリムがこんなにするとは正直思ってないまま発注しちゃいました。

そして当然リムだけで成立する訳もなく、

ホイールとして機能する様にパーツをお店の方と相談してチョイスして発注しましたので、

あとは錬金術で仕上がるのを待つのみの状態でした。

あと、右手中指の負傷から中指に頼らないでブレーキングが出来る必要があり、

メカニカルのBB7から油圧のXTに交換して低下した握力でも制動力を確保する福祉車両化も同時に依頼しました。

作業が途中の頃にショップに行ったら、穴が小さいディープリムに手こずって、

ニップルが中に落下して取れなくてマラカス状態のリムを見せてくれました。

皆で顔を見合わせて『どうやって取ろう…』という状態。

ニップルを差し込むリムテープ側も山型になっているのでこの取り出す作業が自分だったら途方に暮れていた事でしょう。

ホントよくニップル取り出せたなぁ~と感心しました。

このホイールを組む作業工程がショップのオーナーさん自らのブログで公開されていますので、

きちんと丁寧な作業で組まれた事が伝わります。

感謝、感謝です。

今回拘ったポイントはスポークの色と、折角の炭素リムなのであまり重くしない事。

純正の白リムがこの自転車を購入する要因のひとつでもあったくらいにお気に入りポイントでしたが、

新しい今回のNEXTIEリムは着色だと艶有り仕上げの塗装なのです。

a0242984_1348090.jpg

フレームが艶無し黒なので、プレーンカーボンの艶無し黒で統一感を出します。

リム購入時の選択項目は、

●Carbon Weave (織り方です)

  UK と 3K と 12K(追い金発生)

  UKは織り目なし
a0242984_1461937.jpg

  3Kが一般的なよく見るカーボンって言ったらコレみたいの。
a0242984_1435971.jpg

  12Kは織り目が大きいけど強度が強いそうなので当方は12Kをチョイス。
a0242984_145227.jpg

  丈夫な分だけ重さも増します。

● Finish ➜ Matte と Glossy 艶ありかなしかの選択です。

●Spoke Holes Count 32穴か36穴かを選択です。

●Spoke Holes Diameter ニップル穴の大きさです。

●Color Paint 塗り色

●Decals of "NEXTIE"  デカールの色の選択になります。

以上の選択から自分に当て嵌まる項目を選択して発注になります。


インパクトの低下を補うにはハブを色物にするかスポークに色物を使用するかというところですが、

カラーハブに国内で手配出来そうな物が無く、ならば色スポークで行こうと思った訳だす。

色スポークはCNスポークのイオンコート。

a0242984_13224653.jpg

a0242984_13225972.jpg

見る角度や光の加減でマジョーラの様に変色して見えます。

フレーム下のカラーに合わせて、

a0242984_1324273.jpg

フロントはブルー、リアはパープルのスポークで組んで貰う事にしました。

ハブ、カセットスプロケットはどっちのホイールも使いまわしが出来る様に同じ物とし、

ブレーキディスクは同一メーカーで同サイズの軽いフローティングディスク (F160 B140) にしてます。

本当は軽量化の為にチューブレスで組んで貰おうと思ったのですが、

チューブレスはシーラントが思ったより使用されて軽くない事やメンテナンス性の悪さから、

レース中のパンク戦線離脱防止にはいいけど、

レースに参戦しない者にはあまりメリットが薄いとの事で、

ショップスタッフがニヤニヤして持ってきたシュワルベのチューブを流用する事にしました。

このチューブがまた軽いのなんの! これならチューブレスにして注入するシーラントの重さと遜色ないかも…。

サイズは確か27.5×2.5だったかな? ちょっと忘れてはっきりしませんが、

納車後のN沼ライドでは特に何の問題も生じませんでした。

組み上がりのホイールは皆さんメッチャ軽いと評価しています。

まるで普通のMTBのホイール並みと。

そのホイールを装着した姿がこちらになります。

a0242984_13383746.jpg

a0242984_13394191.jpg

a0242984_1340659.jpg

a0242984_13403889.jpg

すいません~急いで持参した土の付いた汚いタイヤを嵌めさせてしまいました。(^^ゞ

ディープリムなので、タイヤの塊感が増して迫力倍増。

最近軽量カーボンリムが各社からラインナップされていますが、

デザインは大概平たいモノが中心なので、ロードバイクでもそうですがディープリムは見栄えが違いますね。

このホイール (リム) のインプレッションはまた後日。
[PR]
by CLUBJAZZY | 2015-11-15 13:48 | カスタム日記 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY