沖縄 TRIP 2015 - 14

万座毛のお土産店の横から続く小道を行きます。

a0242984_1242419.jpg

舗装はかなり荒れて両脇は茂みになっています。

途中からトレイルを見つけて進入。

行先はガマ(洞穴)の様です。

海岸に出ると石灰岩の巨石群の中に浸食された洞穴がありました。

ここも戦時中の住民の避難場所らしく、

万座毛から離れているので観光客は滅多に来ないようです。

a0242984_1285217.jpg

徒歩で徘徊するには億劫だけど、

でもちょいと気になるところを見に行く為に行動範囲を広くしたい時には自転車はもう、うってつけです!

a0242984_1214665.jpg

徘徊しているうちに陽が傾きはじめ、

a0242984_1215106.jpg

万座毛の上は人だかり。

a0242984_12162186.jpg

琉球王朝時代、尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛した草原の上で日没を鑑賞し、

沈み行く太陽を見送りました。

a0242984_12194549.jpg

ANAホテルとトワイライト

a0242984_12204672.jpg

a0242984_1221123.jpg

一度ホテルに戻ってプールで涼み、

a0242984_1222551.jpg

夕食を摂りに自転車で外出。

周囲には恩納村と違い意外に外食店が多くないのですが、

この看板に魅かれここに決めました。

a0242984_12241290.jpg

a0242984_12254188.jpg

店の裏手が入口の様で裏手にまわり階段を上り、

a0242984_1227376.jpg

狭いバルコニー風通路を通って前側にある入口へ。

a0242984_12271890.jpg

実はあの看板のお店は1階の店舗だったのでもう店は終了していたのでした。

2階のお店はまた別の店舗で中華屋さんでした。

しかし、この時点では全然気付いてません。

メニューを見て当然沖縄そばを注文し、ついでに大好きな酢豚も注文。

a0242984_12312045.jpg

a0242984_1231405.jpg

結局食事後、店の前で余韻に浸って看板を眺めるまで気付かずに、

『これがNo.1の沖縄そばか!』と思っていたので、

結果気付かなければ『No.1のそば食べた』という満足感は維持されたのに(笑)

でも、上の店も充分美味しかったですよ。

日本語が不自然で厨房からは中国語が聞こえてきたので間違いないと確信しましたが、

そばの味を見抜けない程度の舌ですからあまり信用しないで下さい。

でも食ベログでも評価は良かったですよ。

それにしてもお店の入店するまでの造りが面白い店でした。

その後はホテルに帰着してまた明日に備えて休息。


To Be Continued  …
[PR]
Commented by みーたん at 2015-11-15 22:57 x
ホテルとトワイライトの写真キレイだね~✨歩くには遠いのか…。
Commented by CLUBJAZZY at 2015-11-17 13:44
歩くの苦手だから、ついつい車輪に頼っちゃう。100m先のコンビニに歩いて行った事ないもん。(笑)
by CLUBJAZZY | 2015-11-15 12:38 | FatBike in OKINAWA | Comments(2)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY