用事後の残り時間でヒルクライムやってもうた!

a0242984_22422166.jpg

本日は朝から雨天でしたので、どうしてもやっておかなければならない用事を今回の休日に充てました。

用事が終了後、雨はすっかりあがり晴天に路面もほぼ乾燥していましたので、

車に搭載してある自転車でどこか近郊を走行できないか考えて、

そんなに時間的な余裕がある訳でもなく、

現在地から見えているMt.HandRiceにヒルクライムして短時間で燃え尽きてみる事にしました。

車に搭載してあった自転車はクロスバイクなので折角の下りトレイルを楽しめない事は悔やまれましたが、

純粋に登る事をした事が無いので、ちょいちょい話題に上るこの山へのヒルクライムに自分がどの位時間を要するのかほんの少し気になっていました。

今まではいつも下りのトレイル目的でMTBでしか登った事がありませんでしたが、

今回はクロスバイクということもあり、登る事を目的に登ってみるには丁度いい機会なので初の試みです。

タイム計測は高速道路高架下から行うそうですので、そこからスタート。

いやー淡々と登るのはやっぱりキツイですなー。

a0242984_238748.jpg

登る事を目的で登る人の気が知れません。

MTBなら下る事が目的なので仕方なく登りますが、

乗って楽しい筈の自転車が成績や目的達成の為に苦しい乗り物になってしまうのは自分のスタイルに合わない。

本日も数名の『 team ~ 』というジャージを着た苦しそうに登る

コテコテの方と遭遇しましたがレースでの成績を残す為に日々追い込んで乗るみたいな、

日々精進するような部活ノリはちょっと無理。

自分が自転車と付き合う為のFun To Rideの精神を維持できないと思う。

数日乗らないと無性に乗りたくなるという感覚が強迫観念になるようでは楽しくない。

近くない山なので次回のタイム計測の機会は、

今回が初という程今後もよっぽどの機会が無いと訪れないので、

今回がどんな結果であろうと次回計測へのモチベーションにはなりませんが今日は取り敢えずやっています。

先日登ったばかりで風景はまだ脳裏に残っていましたのでそこはイメージしやすくて助かりました。

ロープウェイの山麓駅に到着までに要した時間は36分35秒。

a0242984_22434699.jpg

a0242984_2243188.jpg


もっとローギアが欲しかったけど、あればあっただけローギアを使うので無い方がいいのかしら。

もともと自分は呼吸器系が弱く、頻繁に空咳をしている位なので呼吸が苦しくならない程度ではこんなもんです。

というか、これが遅いか速いかを判断する基準も分りません。

う~ん。 なんか苦労してやった割には結果が解らないので煮え切らない感で一杯。

本日のお召し物はそこまで自転車に乗る予定がなかったのでジーンズとシャツでした。

でも、ジーンズやシャツを汗まみれにするのはチョットと思い、

出してきたのは…海パンです。 おおっ 形はどうあれトライアスロンみたい。

a0242984_22542122.jpg

先日の小樽縦走で時間があって暑ければ海に入れるようにと、以来車載してあったモノ。

誰も水場の無い山で海パンで乗っているとは思うまい!

今度細タイヤに乗る時は夏なので海岸線かな~。 

積丹方面も意外とアップダウン多いんだよなぁ。

a0242984_2253197.jpg

今更ながら雄一郎さん、エベレスト登頂おめでとう御座います。

a0242984_2384013.jpg

pm.5時過ぎとは思えない程まだ空は青かった。
[PR]
Commented by P^^ at 2013-07-11 11:13 x
早いんじゃない。。というか、つくづく私が遅いということが分かりました。。もう自転車はやめます。。
Commented by CLUBJAZZY at 2013-07-11 20:36
ってゆうかロード(舗装路)は数字がないと張り合いがないですよね。 タイム、距離、平均速度、etc…。 MTBでのトレイルライドは数字縛りが一切ないのが魅力です。 なのでP^^さんはやっぱり自分と同じでトレイルが好きなのねん。
by CLUBJAZZY | 2013-07-10 23:00 | Comments(2)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY