手稲山Ride & 野幌森林公園でこんちには  そして告知! (動画あり)

新村長の議事録あがってますのでこちらです。

今回は手稲山です。

a0242984_1220823.jpg

昔、オリンピア遊園地やロープウェイが営業していた頃にはバスが運行していましたので、

バスに乗せて上まで上がる事が出来ましたが、

現在はそのバスも無くなり自力で上がるか、2台以上の車を活用するかどちらかの選択肢じゃないと、

お手軽に下りを楽しめる山ではなくなりました。

そんな手稲山に不思議村の助役から昇格致して新村長を襲名したいつものPPS氏を案内致しました。

今回は登りに用いたルートは自身も初のコースでしてルート探索の一環でもあります。途中に中規模の滝が2つと小滝が複数あるせせらぎの脇という何とも自分好みのルートで御座いました。

水が流れる場所の傍を走るのは癒しを与えてくれるので自分にとってとても重要なファクターです。

a0242984_12164155.jpg

下りのコースは以前にも利用していた尾根道のコースですが、

自他共にトレイルライドの経験値が増して生まれ変わった、ひと皮剥けたとおっしゃる新村長でも、

その落ち葉が滑る急斜面のツヅラ折れと沢の岩の部分にはちょっと苦心されて居りました。

でも村長! あそこはかなり難しいので自信を無くさないで下さい。

これから半日的なスケジュールの時にでもサッと時間を見つけて定期的に練習しに行きましょう!

お供します。

後は動画で。



話は替りましてその翌日、

野幌森林公園での緩めのライドに参加。

シングルトラックを軽く嗜んで森林の家に到着してだらだらとゆんたくしていましたら、

.243RACING のダージャン系バイクに乗った方がこちらに向かって歩いて来ました。

話を伺うと3か月前にこちらに越して来られたそうで、九州は鹿児島の生まれで東京にも住んでおり、

DHバイクで富士見パノラマを下っていた頃もあるという経緯の持ち主。

a0242984_12225790.jpg

この近辺で走る場所が解らないという引っ越しMTB難民でしたので、

『うち等そこそこ徘徊しますので都合が合えばご一緒に如何ですか?』との提案に、

『是非!』との事でしたので今後の活動に参加して頂けそうです。

うちらが勝手に『GOです!(仮)』さんと命名しちゃいました。

全然、強制ではありませんので自分が良さげと思ったイベントに自分の都合(タイミング)で自由参加して下さって結構ですので、

気負わず参加ください。

走りっぷりは何だか4月に東京に戻られた4713を思い起こさせる様なアグレッシブな走りで、

まったり組の村長や私は憑いていくのが精一杯。

黒巣家さんにはいいお相手がまた出来たので良かったのではないでしょうか。

ころぽっくる山荘の辛味大根ソバで昼食を一緒に取りながら語りました。 うへぇ~辛い~。 が故に旨い。

a0242984_12255541.jpg







え~と、PPS氏が助役から村長を襲名されまして、その空いた助役のポジションを3名体制で代わりを務める事になりました。

その中の一人が若輩の自分なので御座います。

皆さんの様に土日が定休では無いので参加率の低さが役を受けるに際して懸念でありましたが、

助役を複数人にしたことで持ち回りと言いましょうか、バックアップ体制ということで気が楽になりまして、

会の運営の片棒の一端を担がせて頂く事になりましたので宜しくお願い致します。


取り敢えず、襲名第一弾企画としまして6/16(日) に千歳~支笏湖 林道ユルぽた やります。

コースは 千歳道の駅 → ママチ川沿い → サイクリングロード → 支笏湖畔(昼食) 

→ 林道 → 千歳市街地 (青葉公園) → 道の駅帰着
というルートです。

時間が許せば今回お初の方もいらっしゃるので近場の滝にも寄るかも?です。

集合日時  6/16(日)10:00出発予定  千歳道の駅サーモンパーク

MTB等のダート走行可能な自転車での参加が望ましいです。

当日はシクロクロスやFatbike等もいるようです。

舗装路自転車でも帰り道をサイクリングロードで戻る場合はその限りではありません。 (その場合は帰路は林道班と別ルートになってしまいます)



不思議村はその成り立ちが小径折り畳み自転車の会からですのでイケイケじゃありませんし、

自転車と楽しく付き合うのが目的で数値的な事は一切気にしません。

自転車を活用して人生を豊かにしようという会で、サークル的なノリで部活のノリではありません。

時には詐欺だ!と言われるような場所に案内する事もあるかも知れませんが、

その時はご勘弁下され~それも経験です。イヒヒ。

出来る限り色んなルートを提案させて頂きます。

初めましての方も全然ウエルカムです。

走ってみたい方は是非お気軽にゲスト参加してみて下さい。

まぁ、至らないところしかありませんが是非参加宜しくお願い致します。

新助役 こと Club Jazzy ! でした。
[PR]
Commented by P^^ at 2013-06-10 18:41 x
ブログ更新お疲れ様です。。そのまま金のうさぎとC2Wに貼りました。。
Commented by 店主A at 2013-06-11 11:33 x
助役襲名おめでとうございます。活動の幅が広がりそうですね。手稲の動画見ました。私も行ってみたいもんです。現在、セミFATというような乗りのMTB(折畳というのが味噌)を製作中です。出来たら、ここに行ってみたいものです。
Commented by CLUB JAZZYだよ at 2013-06-12 08:51 x
P^^さん、どうもありがとう御座います。
遅ればせながらFaceBookに登録してみます。
分らないことがあったら宜しくお願い致します。

店主Aさま:襲名と云うほどではないのですが、不思議村の今後の在り方について色々と自分なりに考える事がありまして、出席率が低いながら、自分は非日常をテーマに企画を立てて行けたらいいかなぁと思って助役を賜りました。
Commented by きぐにく at 2013-06-12 18:41 x
はじめまして。
先週東京から札幌に引っ越してきまして、
走れるところを調べているうちにCLUB JAZZYさんのブログにたどりつきました!
動画かっこいいです!
写真もめちゃくちゃきれい!!
不思議村も読ませてもらって、みなさん素敵っす!
走ってる姿をみるとそわそわしちゃいます。。
といってもトレイルライドは今までしたことはありません(汗
これからは、山をもっと楽しみたいって思ってまして、、、
僕もご一緒したいっす!
くしくもGO!さんと同じ鹿児島出身、男子、30歳っす
Commented by GOです。 at 2013-06-12 23:47 x
こんにちはGOです。
先日の野幌では初めてお会いしたばかりでしたけど一緒に走れてとても楽しかったです!
一人で探索するのも楽しいですがやはり一緒に走る人がいると自転車はより楽しいですね。
これからもいろいろ参加したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!
まずは今週末の支笏湖林道でまたお会いしましょう!

GOでした。
Commented by CLUBJAZZY at 2013-06-12 23:48
こんにちはきぐにくさん。
走りたい人この指とまれ! ですので、ゲスト参加歓迎致します。
SALSAのバイクをお持ちなのですね。
シクロクロスタイプなのでそこそこのダートには行けそうですね。
不思議村のブログにイベント告知UPして貰っていますので、
都合が合う時には是非参加してみて下さい。
折角の北海道なのですからしっかりと味わって下さい。
そのお手伝いを致します。
Commented by みーたん at 2013-06-12 23:50 x
詐欺的なコースって濃昼のこと⌒(ё)⌒?
Commented by CLUBJAZZY at 2013-06-12 23:52
GO!さん
今回はトレイルではなく林道ですが、ちゃんと味付けしてありますので楽しんで頂けたら嬉しく思います。
週末の天気は予報のメディアによってまだ違っていて不安定ですが良くなればいいなぁと案じております。
Commented by CLUBJAZZY at 2013-06-12 23:59
みーたん。
詐欺は濃昼だけとは限らんのだよ!
濃昼山道詐欺は今回同時に助役を拝命したくろすけ氏の言葉で、その言葉が一人歩きしてるんです。でも、その濃昼は現在苦しさの単位として、0.5濃昼とか2濃昼とかって使用されています。
Course of today daze hotness 2 Gokibiru.
という風に用いられます。
Commented by きぐにく at 2013-06-13 00:20 x
恐縮です!ありがとうございますー!
6/16参加させてくださいー。
一応ハードテールがありますのでそれでチャレンジします!
かなりのへたれですが宜しくお願いします。
Commented by CLUBJAZZY at 2013-06-13 09:04
では、お待ちしております。
Commented by きぐにく at 2013-06-16 10:02 x
すいません!
マシントラブルでおくれてしまってます!申し訳ありません。
ルートたどりますので気にせず出発ください。
と、ここに 書いてもわからないですよね。。
迷惑かけてすみません
by CLUBJAZZY | 2013-06-10 12:31 | Comments(12)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY