遭難騒ぎの同じ山道に丁度居ました (動画あり)

遊んでばかりで御免なさい。

職場がトラブルで休眠状態ですので休日を消化せよとの事でして、

また職場が動き出したら溜まった仕事含めてハードワークになりそうな予感。

本日はGOKIBIRUSANDOUに行きました。

a0242984_311981.jpg

いつも行く逆から行きましたが、峠直下の登りさえ頑張ればこっちもなかなか面白い。

峠直下はどっちにしろ押しが入るなら、登りで押して乗って下れる方がお得かも…。

次回行く時は今回と同じで行ってみましょう!

あまり暑くならないうちにご案内できればと思います。

残雪はもう無いですが、途中の大沢の水量が多かったです。

どうやって渡ろうか躊躇しました。

いつもならカメラを設置して様子を概観撮影するのですが、

今回の沢渡りにその余裕はありませんでした。

渡ってちょっとした後にすれ違った15人パーティーで1名足をすくわれて流され、

岩にしがみ付いたままレスキューでヘリに救助されて病院に運ばれたという事がありました。

ヘリがやけに低空でウロウロしていたので何かがあって探しモノをしているであろう事は感じましたが、

まさか先程のパーティーだったとは思いも因りませんでした。

こんな山の中で独りで行動して何かあったら大変なので安全には十分注意して行動しなくてはと改めて肝に命じました。

車に戻ると救急車、レスキュー、パトカー、新聞社、テレビ局と大賑わい。

a0242984_3204423.jpg

山道からたった今下りてきた事を知ると沢やパーティーの状況説明を求められましたが、

他の14人が無事なのでそちらから詳しい話は聞けたのではないでしょうか。

さて、山道から下りてきてリアショックをみるとストローク量を示すリングが脱落していましたので、

a0242984_321380.jpg

帰りにWLBに寄ってサグを含むセッティング値を今度は装備類を装着してきちんと出して頂きました。

a0242984_38369.jpg

( 隣のバイク何だか判りますか? あ~ぁ、もうタイヤ土で汚れてるんですよ。 )

コイツを見て皆さん悔しがってますが、自分は大丈夫。 だって、Pug や Moon が居ますから。

まだ詳細は明かしてはいけないそうですが、小出しに宣伝しても貰いたいという微妙な状況みたい。

ここに載せて置けば数値を忘れても大丈夫♪ 的な~忘備録。
a0242984_393065.jpg




帰路前をランボルギーニが走行していましたが、何故か”mazDa”のエンブレムが… ウケ狙いの確信犯ですか?

a0242984_37343.jpg

[PR]
by CLUBJAZZY | 2013-05-29 03:19 | Comments(0)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY