5月14日 沖縄旅行最終日

最終日は朝から快晴。

本日は10時30分から車で40分程の中城村(なかぐすく)のモールビーチにてモーターパラグライダーのタンデムフライトがあります。

帰りの飛行機は16:50発です。

先ずは朝食を簡単に済ませて再び近くの眞栄田岬へ。

本当はマリンクラブにも予約をかけていたのですが、

それを実行するとパラグライダーに間に合わないので自前の機材で単独で遂行します。

今回も魚の餌として、油を使用しないので海を汚さない”くるま麩”(3本入り180円)を携えて、

ウエットスーツなしで入ります。

地元のガイドは水着のみで遊泳しようとする他の人に『ウエットなしではめっちゃ寒いですよ!』って言っているの聞いていましたが、

北海道の夏の海に比べたら全然温かいです。

今日の波は先日に比べたら穏やかで、時間が早い事もあり魚の集まり方が半端ナイ。

まるで天然の生け簀ですがな。

やっぱり眞栄田岬は裏切りません。

1時間もしないうちに弾切れ(餌)で海から上がりましたが、

次までの移動時間を考えると、この僅かな隙間の時間に海に入れてしまえたのは良かったです。

駐車料金100円 + シャワー代200円 + 餌代180円 = 480円 安っ!

車で中城村に向かうとポツポツとフロントウィンドウに雨滴がぁ!

恩納はめっちゃ天気だったのにぃー。

モールビーチに到着すると雲の向こうに晴れ間が見えます。

あと20分もすれば雲が流れて行きそうでした。

モーターパラグライダーの開催地はその日の風向きで行われる集合場所が変わるそうです。

モーターの力で海側へ出て行き、エンジンを停めて風の力で滑空して戻ります。

大概季節風の方向で概ね決まっているようです。

本日は東海岸でした。

離陸の時にはあともうちょっとで晴れるのに…という状態でしたが、飛んでいる最中に晴れました。

a0242984_21475414.jpg

もっと不安定な乗り物かと思いましたが、ことの外安定しており怖さは微塵も感じませんでした。

ベテランのインストラクターはピンポイントで着地します。 スゲーぇ。

着地後は、はしのえみ似のスタッフさんと歓談後、青い海と空を暫く眺めてまた恩納に戻りました。

a0242984_21533069.jpg

以前はシークヮーサーは口に合いませんでしたが、味覚の変化なのか今回はこればっかし飲んでました。

さて、恩納に戻ったらやっぱりMTBトレイルでしょ! って事で、

まだ未実施のペイントボールと、昨日カメラの不調で中途半端な記録に終わった展望台を天秤にかけ、

精査した結果、

ペイントボールはどれ位時間がかかるか不明で、YOUTUBE動画で雰囲気は何となく理解したので、

下りのトレイルでテクニカルで面白く、特徴的で時間読みもしやすい展望台にリトライする事にしました。

ペイントボールはまたもやお預けですが、また次回へのモチベーションになります。

海抜0mの恩納道の駅からひたすら登ります。

昨日何も見えなかった展望台からの景色は素適でした。

a0242984_2227985.jpg

昨日1日中降り続いた雨はもうすっかり乾燥しており、草木のその乾きの早さに感心しました。

それでも粘土質のトレイルの窪みにはところどころ水が蓄えられておりました。

跳ね上げたくない姿が動画に現れてますね。

トレイルライドを終了し、帰る準備の梱包を駐車場で始めます。

a0242984_22284497.jpg

荷物の総重量はキャリーケース20kg+自転車の輪行袋にも荷物を入れて18kg+リュック8kgととんでもない重さ。

それらを詰め終わると15:10でした。

実はレンタカーの返却時間は15:30で、那覇市内の返却場所到着予想がナビの時間で16:15でした。

ヤバい! 飛行機の時間は16:50です。

慌てて車を走らせます。

市街地の車の多さに間に合うかヒヤヒヤしながらも、何とか16:10に返却場所に到着。

間に合った~と直ぐに空港に送ってもらい、荷物を預ける手続きに入りましたが、

不慣れな係員による従価料金の手続きやら、中身のチェックやらで時間を取られ搭乗5分前に

空港係員に先導されて優先的にボディーチェックを受けました。

このボディーチェックがまた、パンパンに詰め込んだリュックの中身出して確認しますと悠長な対応。

無線を持った搭乗口係員が駆けつけてきましたが、定時に出発する事ができた…と、思う。

今回もぎりぎりまで滞在♪ いやー冷っとしました。

羽田乗継で千歳着21:35分、27℃の気温が飛行機降りたらいきなり8℃。

さぶいー!

あぁ、明日からまた仕事三昧…ツライ。



[PR]
Commented by kmbike at 2013-05-18 07:50
荷物も思い出もパンパンで無事にお帰りなさい。。
by CLUBJAZZY | 2013-05-19 02:14 | FatBike in OKINAWA | Comments(1)

FatBikeに憑りつかれた哀れな人生の記録


by CLUBJAZZY